FC2ブログ

紐を使わない着付

今日もとっても良いお天気ですね!!
午前中、市内に出かけていましたが、
町中、着物姿の方を沢山見かけましたよ。

着物で街歩き、もっと気軽にしてみたい・・・でも。
着物って、苦しい、しんどい、着崩れる・・。
そんなイメージを持たれている方は結構多いのではないでしょうか。

着崩れないように、しっかり縛る・・・は大切ですが、
当然、体を紐で締め付ければ、
苦しくて、しんどいのはある程度仕方のないことです。
でも・・もっと気軽に、楽に、それでいて綺麗に、
欲張りだけど、そんな風に着物を楽しみたいと思いませんか

なんときの和装では、紐は1本も使いません。
きの和装オリジナルの着付け道具を使えば、
テクニック不要で、ほんとに簡単綺麗に着付ができます。
枕の紐も、「紐」と言いうより「布」?
とても太くて・・そして胸で縛ることはしません。
だから、お腹いっぱいご飯を食べても楽なんです。痛くないのです

もちろん、紐の着付けを否定するわけではありません。
過去には私も紐着付で着ていたこともありますし、
実際、他装では、紐での着付けもさせて頂いています。
紐のいい所は、どんな方にも対応できて重宝ですし、
そう、新しく買うなら、一番安上がり(笑)です。
ただ、美しく、綺麗に、しかも着崩れないように・・・となると、
初心者の方には、実は結構扱いが難しい。
それなりにテクニックが必要です。

日常生活では、私たちは便利な道具のおかげで、
とても快適な日々を過ごしていますよね。
電子レンジに炊飯器、洗濯機、掃除機・・・・
今さら、日々、薪で火を熾してごはん炊いたり、
洗濯板でゴシゴシ洗濯したり・・・私にはできないです

着付けも同じ・・・
私は自分で着物を着るとき、もう、紐を使おうとは思いません。
便利な着付け道具を使うことで、
簡単、綺麗、早い、楽な着付けが叶えられるなら、
私は断然、使いたい派です。
ちょっと秘密にしておきたいような、でも、
「こんな便利なのあるんだよ~」と、教えてあげたいような

よく「綺麗に着てるね・・」とか、褒められますが、
実はお道具のおかげです。ほんと。
どんなの使ってるの?と思われたら、一度、見学にお越しください。
目から鱗の着装法をご覧にいれます。
でも、その場でお道具の販売はいたしませんので、
どうぞご了承くださいね。





スポンサーサイト

特許取得 スゴ技の帯板 *若竹*

皆様、美しい秋の日、いかがお過ごしですか。
着物を着て出歩くには最高の季節になりました。
お手持ちの着物で、気軽に、ラクチンにお出かけしてみませんか。

前結びなら、気軽にラクチンに着物を着ることができますよ。
帯の仕上がりを確認してから、クルッと身体の後ろへ回す。
紐で体を縛ることをしないので苦しくありません!
そんな魔法のようなオリジナルきもの着装法、それが「前結び」です。

その秘密は・・・帯板にあります。
帯板と伊達締めが一つになっていて、ご自分で締まりを調整できます。
胸元に余裕ができる構造ですので苦しさもありません。
前で結んだ帯結びが、縦には滑らず楽に後ろには回る素材。
だから、きものも帯結びも崩れません。
そして、なんと、この帯板は特許取得の優れもの。
他社では手に入れることができないんですね。

前結び帯板 若竹・こころセット S・M・Lサイズ (税込10,800円)
名称未設定-_pjf0-kb

後ろ手に帯を結んでいた頃は、
必死に首を捻って鏡をのぞきこんで、
「んー、ま、こんなもんでしょ」なんて。
今から思えば、なんてテキトーだったんでしょ
でも前結びなら、ほんの少しの歪みだって調整できます。
自分の目で正面からしっかり確認できるってスゴイ。

その魔法のような前結び着装法を
無料体験教室で私が実演させていただいています。
物品の販売などは一切しておりませんので、
お気軽に見学にお越しになってくださいね。

無料体験教室のお申込みはこちらからどうぞ。
沢山のご参加、お待ちしております



後ろ結びから前結びの講師に・・・。

皆様、今晩は。
今日は、昨日に引き続き、
高等講師に認定された原先生のご紹介です。
先日、学苑から立派な看板が送られて来ました。

心遣いの深いとっても優しい先生です。
00 3

原先生が当教室にお越しになったのは丁度3年前。
その時すでに、他校での着付士資格もお持ちで、
「そんな方にご指導するなんて、なんて大それた」と、
私も緊張の面持ちでお会いしたのですが・・・、

「人に着せるのと、自分で着るのとは勝手が違うんですよね。
年齢を重ねるにつれ、後ろ手に結ぶのが辛くなってきたんです。
それに、後姿に自信が持てなくて・・・・」と。

あー、わかります~~~。そうなんですよね
他装は色んな角度から確認して仕上げますが、
後ろ結びでの自装は首をひねって鏡を確認するしかなくて
その点、前結びなら、お太鼓の出来上がりを真正面で確認できるので、
ほんとに、後姿に自信が持てます。

認定式のときにも、
「後ろ結びをしていたからこそ、前結びの素晴らしさが身に沁みます。
他校で苦労していたことが、前結びで目から鱗。すっかり解決できました。
少し遠回りしたけれど、その経験を活かして、
沢山の方に前結びの良さを伝えていきたいです」とおっしゃっていました。

本当にそう!そうなんです。私もそうでした。
だからきの和装学苑には、後ろ結びから前結びに転向された先生が
沢山いらっしゃるのでしょう。

原先生は滋賀県守山市で教室を開かれます。
教室名は「薫る風の会」着付け教室。
なんて、素敵な名前
きの和装学苑ののHP「全国の教室」からご連絡いただけますよ






2018年 秋の認定式

すっかり秋らしくなってきました。
街の木々も少しずつ色づいてきましたね。

さて、きの和装学苑では、
10月28日に2018年度の秋の認定式が開催されました。
当教室からは、宇治市のNさんと、
滋賀県の守山で教室を開かれている原先生が、
それぞれ高等講師の認定を受けられました。

お二人とも、超、ご多忙な毎日なのですが、
熱心にお稽古されて、その努力たるや本当に敬服します。
晴れて目出度く認定の運びとなり、
育成者の私としても、本当に嬉しい限りです。
お二人に、拍手拍手おめでとう~~~。

金屏風の前で理事長、学苑長と一緒に
1112 019

賞状授与の瞬間は緊張と感動の極みです。
1112 0251112 027

立派な認定書を手に。感激

1112 0301112 029

私も幸せを分けていただきました
1112015.jpg

グループの皆さんとも和気あいあいです。
1112 033

認定式を終えての帰り道は、
本当に幸せいっぱいの清々しい気持ちです。
お二人とも、「頑張って良かった」と、満面の笑顔。
これからのご活躍が楽しみです
本当におめでとうございました。
これからも、一緒に頑張りましょうね











東山魁夷の青の世界へ

皆様こんにちは。
三連休、いかがお過ごしでしたか?
私は昨日、東山魁夷展へ行ってきました。

なんて素適な色、そして世界観。
とっても素晴らしかったです。
ついつい、着物の配色、色の取り合せを
頭の中で描いてしまったりして。
あ、こんな色の着物、イイナ。挿し色にはこの色!って。
会場にも、着物姿の方がチラホラと。
きっと同じこと、思ってらっしゃるんじゃないでしょうか。
美しい青の世界のカレンダー、買ってしまいました

securedownlad.jpg

会場外には、青の襖絵を模したディスプレイが。
気恥ずかしさもありましたが、この際ですもん、記念に一枚。
東

今日の着物は大島に帯は博多八寸帯。
秋を感じさせつつ、青を引き立てる色の着物を選んだつもり
ですが、いかがでしょうか。
青 (2)

着物を選ぶとき、そのTPOを考えて、
主役と喧嘩しない、かぶらない色柄を選ぶようにしています。

大島は、生地がシャキッとしていて、毛羽が立っていないので、
まだ暑さの残る今の季節にはピッタリです。
八寸も芯を入れない分、薄くて軽くて、
こんな季節には重宝しますね。

さてさて、これから、秋が深まっていきますよ~~~。
着物の季節の到来です。
皆さまも、是非、着物でお出かけしてみませんか。







谷内着付教室HP
無料体験のお申し込み・お問合せはこちらから
谷内着付教室ホームページ
プロフィール

谷内

Author:谷内
宇治と京都市内で、きの前結びの着付け教室を開いています。
簡単、早い、綺麗の前結びなら、どなたでも楽に着付ができます。タンスに眠っている着物で着物生活を楽しみましょう。
随時 無料体験教室を開いています。お気軽にご参加ください。

最新記事
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
リンク
カテゴリ
*
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
ブロとも一覧

ワンderful days
月別アーカイブ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
最新トラックバック
ようこそ