スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

15分もかからずに、長襦袢から二重太鼓まで

昨日に続きまして、
本日は、二級講師合格のお祝いブロクです。

宇治市にお住いのNさん、
二級講師課題の
「長襦袢から二重太鼓を仕上げるまで15分」の壁を大きく破って、
なんと、14分30秒で仕上げられました
実は、15分の壁を破るのは、なかなか簡単なことではありません。

15分で長襦袢を着て、着物を着て、袋帯で二重太鼓を結ぶには、
途中で「えっとぉ・・・次はぁ・・・・」
なんて考えていては成しえないのです。(少々オーバー)
そして、特筆すべきは、その仕上がりの美しさと、ほとんど間違いのない手順。
Nさんは普段から、仕上がりの美しさを追及される方なのですが、
きの和装学苑の採点基準も、
「少々時間をオーバーしても、正しい手順で綺麗に結びましょう。」なんですね。
ですからNさんにも、「15分を少し超えても良いので、いつも通りの仕上がりを心がけてね。」と
お声をかけてはいたのですが、見事に15分を大幅に縮めての完成でした。

やはり、「正しい手順で綺麗に」がすっかり身に付くと、
時間の短縮は自然とできていくものなのでしょう。
ほんとに、素晴らしい仕上がりでした
Nさん、二級講師おめでとうございます。
IMG_2801.jpg


Nさんに、「ブログに載せてもいい?」ってお伺すると、
「わぁ嬉しい。私、ブログに載せてもらえるの、楽しみにしていたんです。」
との嬉しいお返事。
こういう前向きな気持ちも、上達の秘訣なんでしょうね。

とってもお忙しい毎日をお過ごしなのですが、
今は、1級講師を目指して、お稽古に勤しまれています。
いつも「先生、着物って楽しいわぁ大好き」と言ってくださるのが、
私にとっても大きな励みになっています。
きっとNさんは、素敵な指導者になられると思います。
これからも、一緒に頑張りましょうね♪















スポンサーサイト

夏の終わりの浴衣

毎日暑い日が続いておりますが、
皆様お変わりございませんか。

お盆休みに、久方ぶりの更新となりました。
日ごろのご無沙汰をお許しくださいませ(^_^;)

この夏、着物や浴衣を楽しまれていますか。
よく「浴衣はいつまで着ていいんですか?」と質問を受けるのですが・・。

最近、海外からの観光客の方々も、
着物や浴衣姿で観光を楽しまれていて、
6月頃から、そうですね・・・
暑い日は10月に入ってからでも、浴衣姿を見かけるようになりました。
なので、本来の着用期間がますますわかりづらくなってきているんですね。

もちろん、海外からの観光客の方々の目的は、
「着物や浴衣を着て、京都観光の思い出の1頁を飾りたい」わけで、
着物のルールを学びたいのではありませんから、それはそれで、全然OK!!
ですが、本来の浴衣着用期間は「お盆まで」なんですよね~~~

とはいえ、8月後半にも各地でお祭りや花火大会もありますので、
そんな時は、普通に浴衣で全然大丈夫。
でも、これも、やっぱりTPOなんですよね。

浴衣は文字通り、お風呂の後、涼みがてら着るもの。
ですから、時間帯も夕方以降に着るのが習わしです。
朝から出かける時や、創作和食でランチなんていうときは、
浴衣の下に絽の半衿がついた長襦袢を着て、
夏足袋を履き、浴衣を夏の着物風に着てみましょう

こちらの長襦袢は、身頃部分が綿楊柳素材なので、
浴衣の下はこれ一枚でOK。
スリツプも兼ねたうそつき長襦袢です。
私も愛用しています。



帯はもちん浴衣帯や半幅帯でもOKですし、
夏名古屋帯に夏の帯揚げ、帯締めを締めれば、
さらに着物らしく装うことができます。

せっかくのお気に入りの浴衣、お祭りや花火だけではもったいない。
TPOに合わせて、浴衣を着物風に着こなしてみてはいかがでしょうか。
夏の終わりにも、まだまだ浴衣を楽しむことができますよ

たった三週間の贅沢

今年も余すところ数日となりました。
つい一週間前はクリスマス気分だったのに・・早いですね。

クリスマス・・着物で楽しまれた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
先週みえたKさんも、クリスマスの出で立ちで、
思わず「写真、撮らせてたぐさい!!」とお願いしてしまいました。

IMG_0869.jpg


お顔出しはNGとのことでしたが、
半襟に帯留めのなんと、可愛いこと。
こんな風に着物を楽しみたいものです。
半襟

IMG_0870.jpg
半幅帯のクリスマスカラーもとっても素敵でした。

12月に入って、クリスマスまでのほんの三週間だけの贅沢。
だからこそ、身につけた時のウキウキした気持ちもひとしおですね。

ぜひお正月も着物で楽しんでくださいね。

恋文 三変化

8月ももう終わりですね・・・。
9月にはいると、着物は単衣に変わりますが
まだまだ暑い盛り。
半幅帯で涼しく装ってみませんか。

今日は先日ご紹介した恋文のアレンジです。

こちらが恋文。
おみくじを結んだように。生徒さんの間でも人気の帯結びです。
IMG_0507.jpg

ふみの部分を裏に返すと・・
蝶の部分が重なって、これまた可愛い。
IMG_0509.jpg

ふみの部分をほどいて、元禄結びの様に・・。
シンプルで大人っぽい雰囲気ですね。
IMG_0511.jpg

こんな風に、一つの帯結びから、
次から次へとアレンジできるんですよ。

細帯も1本は長い帯を持たれることをおすすめします。
短いと帯結びのアレンジにも限界がありますが、
長さがある帯だと、いくらでも創作できるので、
雰囲気を変えて楽しむことができますよ。

もう、夏も終わりとは言え、
まだまだ暑さが残ります。
半幅帯で、涼しく装ってくださいね。


細帯で「れんげ」結び

祇園祭が始まっています。
皆さんはもう行かれましたか?
昨日はあいにくの雨模様だったので、
今日・明日の連休に・・という方もいらっしゃるでしょうか。

今日は、細帯の帯結び「れんげ」をご紹介します。
あぜ道に咲くれんげの花をイメージした、
とっても可愛い帯結びです

レンゲ

この夏、きの和装学苑からリリースされた、
夏の細帯は4m50cmの長さがありますから、
こんなに凝った帯結びができるんですよ。
でも結び方はとっても簡単。
前で結んで後ろにクルッ。
どなたでも可愛い帯結びができてしまいます

花芯には、きの和装学苑で販売されている、
ワイヤー入りの飾り紐を使ってみました。
ワイヤーが入っているので、形づけが思いのまま。
差し色の赤が映えて、とっても素敵ですね~~~
色は、このエンジ色の他にも、真紅、黒とありますから、
帯に合わせてお選びいただけますよ。

撮影にご協力くださった、宇治市にお住いのMさん、
浴衣と帯のコーディネイトもバッチリですね。
こんな帯結びなら、ついつい、人に見てもらいたくなっちゃいます。
今年の夏祭りは、この「れんげ」結びでお出かけくださいね

これから、各地で夏祭りが開催されますので、
皆さんも、是非、素敵な帯結びでお祭りを満喫してくださいね。
谷内着付教室HP
無料体験のお申し込み・お問合せはこちらから
谷内着付教室ホームページ
プロフィール

谷内

Author:谷内
宇治と京都市内で、きの前結びの着付け教室を開いています。
簡単、早い、綺麗の前結びなら、どなたでも楽に着付ができます。タンスに眠っている着物で着物生活を楽しみましょう。
随時 無料体験教室を開いています。お気軽にご参加ください。

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
リンク
カテゴリ
*
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
ブロとも一覧

ワンderful days
月別アーカイブ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
最新トラックバック
ようこそ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。