FC2ブログ

2018年 秋の認定式

すっかり秋らしくなってきました。
街の木々も少しずつ色づいてきましたね。

さて、きの和装学苑では、
10月28日に2018年度の秋の認定式が開催されました。
当教室からは、宇治市のNさんと、
滋賀県の守山で教室を開かれている原先生が、
それぞれ高等講師の認定を受けられました。

お二人とも、超、ご多忙な毎日なのですが、
熱心にお稽古されて、その努力たるや本当に敬服します。
晴れて目出度く認定の運びとなり、
育成者の私としても、本当に嬉しい限りです。
お二人に、拍手拍手おめでとう~~~。

金屏風の前で理事長、学苑長と一緒に
1112 019

賞状授与の瞬間は緊張と感動の極みです。
1112 0251112 027

立派な認定書を手に。感激

1112 0301112 029

私も幸せを分けていただきました
1112015.jpg

グループの皆さんとも和気あいあいです。
1112 033

認定式を終えての帰り道は、
本当に幸せいっぱいの清々しい気持ちです。
お二人とも、「頑張って良かった」と、満面の笑顔。
これからのご活躍が楽しみです
本当におめでとうございました。
これからも、一緒に頑張りましょうね











スポンサーサイト

東山魁夷の青の世界へ

皆様こんにちは。
三連休、いかがお過ごしでしたか?
私は昨日、東山魁夷展へ行ってきました。

なんて素適な色、そして世界観。
とっても素晴らしかったです。
ついつい、着物の配色、色の取り合せを
頭の中で描いてしまったりして。
あ、こんな色の着物、イイナ。挿し色にはこの色!って。
会場にも、着物姿の方がチラホラと。
きっと同じこと、思ってらっしゃるんじゃないでしょうか。
美しい青の世界のカレンダー、買ってしまいました

securedownlad.jpg

会場外には、青の襖絵を模したディスプレイが。
気恥ずかしさもありましたが、この際ですもん、記念に一枚。
東

今日の着物は大島に帯は博多八寸帯。
秋を感じさせつつ、青を引き立てる色の着物を選んだつもり
ですが、いかがでしょうか。
青 (2)

着物を選ぶとき、そのTPOを考えて、
主役と喧嘩しない、かぶらない色柄を選ぶようにしています。

大島は、生地がシャキッとしていて、毛羽が立っていないので、
まだ暑さの残る今の季節にはピッタリです。
八寸も芯を入れない分、薄くて軽くて、
こんな季節には重宝しますね。

さてさて、これから、秋が深まっていきますよ~~~。
着物の季節の到来です。
皆さまも、是非、着物でお出かけしてみませんか。







「谷崎潤一郎文学の着物を見る」展へ行ってきました

皆様、こんにちは

昨日、私は大山崎山荘美術館で開催されている
谷崎潤一郎文学の着物を見る」展へ行ってきました。
securnload.jpg

谷崎文学には女性を主人公にした小説が沢山ありますよね。
その中に出てくる女性たちが身に着けていた着物に注目して、
当時の装いそのままに、アンティークの着物が展示されています。
着物好きには、人目拝んでおきたい展示内容になっています。

大山崎山荘美術館は、その名前のとおり、
山の中にある静寂の美術館。
澄んだ空気の中、水連の池や、お庭がとっても美しい。

201816 046


2018916 047

美術館の中のカフェで一休みしながら、
テラスからは京都市内を一望できます。

2016 045

常設展示では、モネの睡蓮も観覧できますよ。

単衣の季節はあっという間に終わります。
私は本塩沢の薄いみず色の単衣を着てみました。

201896 048

201049.jpg

皆さんも、単衣の着物でお出かけになってみませんか?



着物でお出かけ 今様合わせ

皆様こんにちは。

5月5日の子供の日に、
宇治の松殿山荘で開催された今様合わせのイベントに、
生徒さんと一緒に行ってきました。

今様合わせは、私も耳にしたことがあるだけで、
どんなものかよく知らなかったのですが、
平安貴族の歌合戦とでもいうのでしょうか。
歌といっても、和歌なのですが、
真ん中に判事を挟み、お題に則して歌を詠みあい、
その出来栄えを判事が判定して、勝ち負けを競うのです。
敷居一つ隔てた眼の前で繰り広げられる別世界にうっとりです。

5月 012

前座では、平安貴族が着ていた狩衣(かりぎぬ)の説明や、
見学者の方たちと即興で今様を作って楽しんだり。
何とも優雅なひと時を過ごさせていただきました。

5月 004

5月 005

5月 007

それは、それは、新緑の美しい季節。
爽やかな風も吹いて、着物日和とでもいうのでしょうか。
目にもあざやかな緑のお庭でパチリ
無題

この日、Hさんは大島に細帯、
私は、塩沢に博多八寸の帯です。
気軽に、気楽に、着物を楽しみたいものです


春の認定式

春爛漫の今日このごろとなりました。
京都もいたるところ桜色。
着物をきてプラリお出かけに最高の季節です。

そんな春の日、きの和装学苑の認定式が開催されました。
当教室からも、一級講師に宇治市にお住いのNさんが、
初等講師に、枚方市にお住まいのOさんと、
宇治市にお住いのTさんが認定を受けられました。
皆さま、おめでとうございます

理事長、学苑長、支部長と一緒に金屏風の前で
着物 076

賞状を手に。主婦にとって、こんな日はそうそうありません。
着物 055

やっぱり、着物っていいですね~~
着物 073

Nさんは年頃のお嬢様を二人もつお母様。
先日も、お嬢様の小学校の卒業式に袴の着付けをされて、
その綺麗な着付にお嬢様や周囲の方に褒められました
と嬉しい報告を頂いたばかり。
今度は十三参りにもと、
先日も十三参りにもピッタリな可愛い帯結び
「華蝶」のお稽古に見えました。
ご自身で着物を楽しまれるだけでなく、
今後はその技術を生かして、着付けのお仕事もできますね

Tさんは、お母様も相当な着物愛好家。
お母様とご一緒に、普段から着物でお出かけをされたり、
色々なイベントに参加されたりと、本当に着物を楽しんでらっしゃいます。
今後は、お嬢様の振袖を着せることができたら・・と。
もちろん、できますとも
着物文化は母から、娘へ、そしてまた孫へと受け継がれていくのですね。
今後は、振袖着付の習得を目指して、一緒に頑張りましょう

Oさんは、今回の認定式はご自身とお母様のために。
最初、礼装の着付けができるようになりたい。と、お見えになったのですが、
そこには、病床のお母様の思い出の袋帯を結んで、
美しい晴れ姿をお母様に見せてあげたいとの思いがありました。
遠くから通っていただき、熱心に学ばれて、
そして今回、お母様の袋帯を結んで、認定式の晴れやかな着物姿。
ご自身の一つの目標達成記念にと初等講師認定式に出席されました。
病床のお母様もさぞかし喜んでられることでしょう。

着付を学ぶ目的は人それぞれ。
そして、認定式に臨む気持ちもまた、人それぞれです。
育成者の私としても、感動の一日を頂きました。
ありがとうございました。
これからも、一緒に着物を楽しみましょうね



谷内着付教室HP
無料体験のお申し込み・お問合せはこちらから
谷内着付教室ホームページ
プロフィール

谷内

Author:谷内
宇治と京都市内で、きの前結びの着付け教室を開いています。
簡単、早い、綺麗の前結びなら、どなたでも楽に着付ができます。タンスに眠っている着物で着物生活を楽しみましょう。
随時 無料体験教室を開いています。お気軽にご参加ください。

最新記事
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
リンク
カテゴリ
*
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
ブロとも一覧

ワンderful days
月別アーカイブ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
最新トラックバック
ようこそ