スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

振袖は小物で変化を

先日、振袖の帯結びのご紹介をしました。
帯を変えたり、結び方を変えるだけでも、
振袖の持つ雰囲気が変わりますが、
小物使いでさらに変化をつけることができますよ。

帯に花飾りを挿して。
0IMGP1968.jpg
とっても華やかになりますね。
この花の飾りは、きの和装学苑で販売しています。

ピンクの帯揚げでバラの花を作ってみました。
0IMGP1923.jpg

帯締めも花結びにすると豪華です。
0IMGP1926.jpg

房に遊びをつけて。
0IMGP1927.jpg
この帯締めはパールのアクセ付き。こんなの昔はなかったなぁ

帯締め・帯揚げの色の組み合わせや、
帯締めの結び方ひとつ変えるだけでも、
違った雰囲気になって楽しいです。

着物や帯はいくつもそろえることはできませんが、
小物で変化つけて、その組み合わせを楽しんでくださいね。





スポンサーサイト

ハイアットリージェンシー京都 きものプラン

我が家には、先日成人式を迎えた息子がいるのですが、
成人式当日はひどい雨で、紋付袴どころでもなく、
せめて記念写真だけでも・・・と、
昨日、東山七条近くの写真館「エ・マーサ」で、
成人式の紋付袴の記念写真の後撮りに行ってきました。

この日の昼食は、写真館のすぐそばにある、
「ハイアットリージェンシー京都」で。
実は、この「ハイアットリージェンシー京都」には、
「きものプラン」という、とってもお得なランチコースがあるのです。

「日本料理 東山(Touzan)」のランチか、
「ザ・グリル」のランチコース、又はディナーコースを、
2名様以上(最大6名)で事前予約して、
当日、着物をきて行くと、なんと
お連れ様1名分のコース料金が無料になるんですよ

もちろん、お料理の内容は一般の方たちと同じです。
今回は、私と母が着物でしたので、
主人と息子のランチはなんと無料に
4人で食事をして、お支払いは2人分だなんて

昨日は「ザ・グリル」のテーブルから、日本庭園を愛でながら、
ゆったり、ほっこり、優雅なお昼の一時を過ごすことができました。

期間は2013年9月30日(月)までとなっています。
皆様も着物を着て、優雅に、お得にお食事いかがでしょう。

ハイアットリージェンシー京都 「きものプラン」


振袖の帯結び

前回の振袖の帯結びは「福良雀」でした。
定番中の定番、古典調の着物にはよく合いますね。

着物は、選ぶ帯で雰囲気がガラリと変わります。
同じ「福良雀」でも、帯を変えるとまた違った雰囲気になりますね。
0IMGP1970.jpg

また、結び方を変えることでも、その装いが変わりますね。
謝恩会や結婚式、パーティなどには、
帯結びもちょっと華やかにしたいですよね
いかがでしょうか。
0IMGP1977.jpg

古い袋帯でも、華やかな結び方をすると、
また違った表情になって、イキイキと蘇るのが着物の魅力ですね。

あー、私にも娘がいたら。。。なんて、ついつい
でも、ないものねだりはいけません・・・。
ここは発想を転換しなくては
うら若きお嬢様、また、そのお母様、
どうぞお気軽にお稽古にいらしてくださいませ

振袖の着付け

今日は振袖の着付けをしてみました。
振袖は、私の成人式に祖母が作ってくれたもので、
もう・・・ン十年も前のものです。
0IMGP1929.jpg 無題

帯結びは、縁起の良い福良雀。3枚羽でちょっと豪華に。
きの和装学園では「開き角だし」という名前が付いています。
本科(最初の3ヶ月)で、この帯結びがマスターできますよ。
0IMGP1933.jpg

昔の唐織の帯って、重くて分厚くてゴツイ。ほんとに結びにくいったら
その点、最近の袋帯は薄くて軽いものが多くなりましたね。
呉服屋さんに言わせると、昔は絹を匁(もんめ)で計り、
重ければ重いほど上物とされていたそうです。
でも、正直なところ、軽くて薄い方が結びやすいですぅ・・

振袖の着付けのチッエクポイントはいくつかありますが、
振袖は帯を高い位置で結びますから、おはしょりが丸見えになるんですね。
ですから、おはしょりの始末が綺麗でないと美しさも半減
おはしょりは、体一周グルリと、その幅が同じになるように整えるのが美しさのコツです。

前は帯と並行に。きちんと整えると衽線(おくみせん)が繋がります。
0IMGP1961.jpg

後ろも帯と並行になるように。
背中心はおはしょり部分まで垂直に通します。
おはしょりより下の裾部分は、中心が右にずれてもOKですが、こちらも垂直になるように。
0IMGP1965.jpg

左脇のおはしょり
0IMGP1960.jpg

右脇のおはしょり
0IMGP1958.jpg

振袖は独身の間しか着ることができない「期間限定」の貴重な着物です。
あとから「振袖・・着ておけばよかった」と、心残りにならないように・・・。
お母様の昔の振袖、最近のモダンな着物の中で、
古典的な絵柄は逆に人目を引きます。凄く素敵ですよ

若いお嬢さんは、二度無いその綺麗な時を大切にして、
美しい振袖の思い出を、いっぱい作ってくださいね

短い帯に「のびのびベルト」

日曜日から体調を崩してしまい、
ちょっとご無沙汰しておりました。
皆様もこの季節、どうぞご自愛くださいね。

さてさて、前回ご紹介した名古屋帯の柄出し、
実はあの名古屋帯、母から譲られた古いもので・・
手先がとっても短いのです。
手先を後ろに預けたとき、背中まであと5センチ足りない
IMGP1898.jpg

この状態で手先を返しても、
ちゃんと、お太鼓の外まで返ってくれないんですよね・・・。

そんな時、呉服屋さんでは「仕立て直し」を勧められたりします。
これが結構な費用がかかりますし、
帯を切って違う布を足すなんて、出来ればしたくないですよね。

そんな時のお助けグッズが、
以前、このブログでもご紹介した「のびのびベルト」
定価840円
のびのびベルト
ネーミングは何ともベタなんですが、
この「のびのびベルト」使うと、その言葉通り、
ホントに短い帯が伸びてくれるという、
前結びならではの優れものグッズなんです。

私のこの名古屋帯にも「のびのびベルト」は必需品。
タンスに眠っていた帯も、おかげさまで大活躍です。
こんな風に、帯を結ばずに、「のびのびベルト」で留めるだけ。
IMGP1899.jpg

ほーら。後ろに回した手先がこんなに長くなりました
11無題

お太鼓に返した手先。しっかり外側まで返ります。
0000無題

短くて結べないと諦めていた名古屋帯もこれで蘇りますよ

もちろんどんな帯にも使えますから、
袋帯が短くて結べなかった変わり結びも、
「のびのびベルト」があれば一挙解決。
1つあれば使いまわしがきくのでとっても重宝です。
短い帯にお困りだった方、ぜひご活用くださいね

帯の絵付け いろいろ

皆さん、こんばんは。

前回は、九寸名古屋帯と八寸名古屋についてお話しましたが・・。
ホント、ややこしいったら・・ですよね。

今日は、ややこしくありません
帯の絵付けについて・・です。

名古屋帯でも、袋帯でも、美しい絵柄が描かれていますが、
その絵柄が全体にあるものや、部分的なものなどがあり、
それぞれに呼び名がついているんです。

絵付けの方法は大きく次の3つ。

1.全通(ぜんつう
 総柄・通し柄とも呼ばれ、最初から最後まで帯全体に柄があるものをいいます。
 全通ですと、振袖などの変り結びをするときには、
 無地の部分が出てしまう心配がないので、色々なアレンジがききます。
 もちろん、普通に二重太鼓も結べます。

2.六通(ろくつう)
 帯全体の六割に柄があるという意味から六通と呼ばれています。
 1周目に巻く帯は、2週目に巻く帯の下に隠れてしまって、
 せっかく柄があっても見えないので、1週目の部分は無地になっています。
 一般的に、同じ柄なら価格も全通の六割程度といわれていますから、
 作る側は経費削減、買う方にとってもリーズナブルな袋帯です。
 大半の袋帯は、この六通になっています。
 
3.太鼓柄(たいこがら)
 飛び柄、またポイント柄とも呼ばれています。
 背中のお太鼓の部分と、胴前に柄があります。
 全体の三割ほど柄付があるところから、三通とも呼ばれています。
 上手く柄出しをしないといけませんから、少しテクニックが必要です。

この、お太鼓柄、名古屋帯ではよく見かけますよね。
IMGP1916.jpg

胴柄の柄合わせにはちょっとしたコツがあります。
前結びの場合、右クリップから膝辺りに
帯の胴柄が来るように合わせると、
ちょうどお腹の真ん中あたりに柄が出ます。
細身の方なら、右膝の少し上、
体格の良い方なら、右膝の少し下あたりになります。
IMGP1892.jpg

一巻すると・・・背中の真ん中あたりに柄が来ます。
IMGP1896.jpg

結び上がった時に、胴柄がお腹の真正面に来てしまうと、
ちょっとチャンピオンベルトっぽくなってしまうので、
気持ちすこーし、体の左寄りに胴柄が来るのが粋なんですが、
そのためには、右クリップから胴柄までの距離を
5㎝程度長く取って合わせて、一巻してみてください。
背中の真ん中からやや右寄りに柄が来ればOKです。

5センチ長く取って結んでみました。
すこーし体の左寄りに柄がくるのが粋ですね。
無題0

その方の体系や着ている着物の厚みによっても、
柄の出方が微妙に変わってくるので、
右ひざあたりの微調整で、バッチリのところを見つけてくださいね。

なかなか柄出しが難しいお太鼓柄ですが、
名古屋帯では定番中の定番柄ですので、
ぜひ柄出しのコツをつかんで、
カッコ良く結んでくださいね


九寸名古屋帯と八寸名古屋帯

着物初心者の方が、着付け教室で最初に習う帯結びと言えば、
その手軽さから名古屋帯から習うのが一般的ではないでしょうか。

名古屋帯は、小紋や紬などの普段着の着物に結びます。
結び方は、一重太鼓です。

名古屋帯と申しましても、種類がありまして・・・
「九寸名古屋帯」と「八寸名古屋帯」があることをご存じですか?
「九寸」「八寸」というのは、仕立て前の帯の幅のことなんですが、
ここで、違いを簡単に・・・・。

九寸名古屋帯
・一般的に「名古屋帯」と言えば、この九寸名古屋帯のことを言います。
・仕立て前の帯幅は九寸。
・仕立ては、両端を五分ずつ折り込み、
 帯芯を入れて仕立てるので、出来上がりは八寸になります。
・胴~手の部分は半分に縫ってあります。
・染め帯もあれば、織り帯もあります。
・大抵の九寸名古屋帯は、10月から5月までの、
 袷の着物の季節に結ぶことができますが、
 素材が塩瀬など、薄手であれば、6月の最初、9月の後半の、
 単衣の着物の季節にも結ぶことができます。

八寸名古屋帯
・別名「袋名古屋」「単帯」と呼ばれることもあります。
・仕立て前の帯幅は八寸。
・仕立ては、帯芯を入れずに、端ををかがるだけなので、
 出来上がり幅も八寸のままです。
・縫ってあるのは手先のみ。胴部分は自分で半分に折って結びます。
・八寸名古屋帯は織帯だけで、染め帯はありません。
・10月から5月まで、袷の着物の季節だけでなく、
 6月と9月の単衣の着物の季節にも結ぶことができます。
・素材が「綴れ」であれば、礼装の着物にも結ぶことができます。

結局、仕立てあがったときの帯幅はどちらも八寸なんですが、
こんなにも相違点があるんですね。

        九寸名古屋帯            八寸名古屋帯
IMGP1878.jpg IMGP1883.jpg

パッと見た感じでは違いは判りませんが、
裏をひっくり返すと、仕立ての違いが一目瞭然。
九寸名古屋は、胴部分から手先まで、半分の幅に縫ってあります。
IMGP1879.jpg

八寸名古屋は、縫ってあるのは手先だけ。胴部分は八寸のままです。
IMGP1880.jpg

九寸名古屋帯は、中に帯芯が入っていますので、垂れ先も袋状に縫われています。
八寸名古屋には、帯芯を入れません。垂れ先は裏に折り返してかがってあります。
IMGP1884.jpg IMGP1882.jpg

八寸名古屋帯は、胴部分を自分で折らないといけない分、
九寸名古屋帯よりも、結ぶのに、ひと手間かかりますので、
全くの初心者の方は、九寸名古屋帯から始められたほうがいいですね。

八寸名古屋帯は7月、8月の真夏以外は、
ずっと締めることができるので、1本あると便利ですよ。

次回は、帯の絵付けの違いなどをお話してみたいと思います





フォーマル科ご案内

今日は成人式でしたが、あいにくの雨でしたね・・・。
足元が悪くて、振袖を着た若いお嬢さんは大変だったことと思います。
でも・・月日がたてば、それも心に残る記念の一日。
いい思い出になることでしょう。

これから春にかけては、式典などの催しが多くなる季節です。
今日は、きの和装学苑の「フォーマル科」のご案内です。

お子さんの卒・入学式に訪問着を着てみたい。
そんなきっかけから着付を習う方も沢山いらっしゃると思います。

ですが、着物を着る目的が「卒・入学式に訪問着を着ること」であれば、
今、しないといけないのは、
初心者向けの名古屋帯や半幅帯を練習することではありません。
多少ハードルが高くても、先ずは「袋帯で二重太鼓を結ぶ」
これができるようにならないと、着付けを習う意味がなくなってしまいますよね。

あるいは・・端午の節句や七五三で、子供に羽織・袴を着せたい時も。
端午の節句に、羽織・袴姿、やっぱりいいものですよね~~~。
IMG 1P0862

たいていの着付け教室のカリキュラムでは、
まず基礎コースで自分が着物を着られるようになってから、
上級コースに進み、羽織・袴の他装を学ぶのが一般的です。
子供に袴を着せたいだけなのに、なんという遠回りなんでしょう。

きの和装学苑でも、羽織・袴の着付けは、
本科終了後、講師科でご指導していますが、
きの和装学苑には、通常の着付コースとは別に、
①留袖 ②振袖 ③訪問着 ④付下げ ⑤羽織・袴 ⑥袴・きもの
この6つの礼装・正装の着物の着付に特化した「フォーマル科」があります。

普段着の着物を着る機会はめったになくても、
訪問着や留袖なら着る機会もあるのだけれど・・。
そんな方には、この「フォーマル科」がお奨めです。

フォーマル科
入会金2,000円 (他コースからは不要)
1回2時間 2,000円 全5回


必要回数はあくまでも目安ですので、
その方の慣れ不慣れや、進捗度合によって
同料金で復習・追加レッスンが可能です。

当教室は個人指導の着付け教室ですから、
お一人お一人の目標、ご希望に応じて、
臨機応変にカリキュラムの順序などを変更し、
その方のライフスタイル、ニーズに対応しています。

もちろん、本科でご自身も着付を学びながら、
同時進行で「フォーマル科」のレッスンも可能です。

時節柄、振袖を自分で着てみたい、
息子さんに袴を着せてあげたいなどのご希望がありましたら、
ぜひ「フォーマル科」をご利用くださいね。

お申込み、お問合せはこちらからお気軽にどうぞ。

お太鼓の形

今日はお太鼓の形についてお話してみたいと思います。

皆さんはお太鼓の形を意識されたことはありますか
お太鼓の形は、使用する帯枕によって
その仕上がりの形が全然違うんですよ。

こんなシェル型の帯枕、巷でもよく見かけますよね。
裏側にしっかり芯が入っていて、叩くとコンコンと音がするような。
IMGP1865.jpg

あるいは、中心がこんもり盛り上がったような楕円形タイプも一般的でしょうか。
私も昔使っていましたし、着付に伺ったりすると
このような帯枕をお使いの方がほとんどです。
この帯枕を使って結んだ二重太鼓がこちらです。
IMGP1855.jpg IMGP1858.jpg

精一杯、綺麗に結んだつもりなのですが・・・・。
うーん、私としては、あまり好きではない形のお太鼓です

以前もこのブログでご紹介していますが、
きの和装学苑で使用しているDX帯枕はちょっとユニークです。
疲れない着付 ①帯枕を見直そう

先ほどのシェル型帯枕と並べてみると、横幅が長いのが特徴です。
お太鼓のてっぺんをしっかりキープしてくれますので、安定感が断然違います。
IMGP1866.jpg

きの和装学苑のDX帯枕は単独では使いません。
こんな風に、スペシャルベルトと組み合わせて使用します。
DX帯枕とスペシャルベルトの重なりの角度を変えることで、
好みのお太鼓の形を作ることができます。
IMGP1868.jpg

このDX帯枕とスペシャルベルトで結んだ二重太鼓がこちらです。
結び方はさきほどと全く同じです。
IMGP1862.jpg IMGP1876.jpg


もちろん人の好みはそれぞれですが・・・いかがでしょうか。
お太鼓が中高になり立体的感が出ると、若々しくてカッコイイ印象に
一方、ペタンと平たいお太鼓は老けた感じに見えませんか?

美しい着姿は、帯枕一つでも、大きく変えることができますよ。
なんだか、お太鼓の形がイマイチ決まらなくて・・・
そんな方は、一度ご自身の帯枕を見直してみてはいかがでしょう。

和装割烹着

前回、初釜の様子を綴らせていただきましたが、
お茶会などでは、着物を着て水屋仕事をしますので、
「割烹着」を必ず持参するのですが、今日は割烹着について。

先日のお稽古始めの時も、生徒さんを待つ間、
洗濯物を干したり、お茶の準備をしたり、
ちょっとした家事をする間、割烹着を着ていたのですが、
玄関先で生徒さんを出迎えた時、私の割烹着姿に生徒さんの目がテンに

そうですよね・・近頃、割烹着って珍しいかもしれません。。
でも、着物を着る機会が増えると、
着物を着たまま、ちょこっと用事をすることが結構あるんです。
お稽古の合間に食事の支度をしたり、洗濯物を干したり。
そんな時は普通のエプロンではなく、
袂もすっぽり覆える割烹着が大活躍です。

割烹着にも色々ありますが、以前私が使っていた割烹着は、
木綿とポリの混紡生地の普通の白い割烹着。
IMGP1845.jpg
撥水加工がされていなかったので水仕事も不安でしたし、
袖口にあまりゆとりがないデザインだったので、
着物の袂がシワになりそうで気になっていたのですが、
昨年から、撥水加工&袂にゆとりのある和装用の割烹着を愛用しています。
IMGP1846.jpg

ちなみに、こちらから購入しました。


袖に袂を入れ込むゆとりがありますので、
手の上げ下げなどの動きも楽ですし、袂のシワも気になりません。
撥水加工がされているので水仕事も安心です。
収納ポーチ付で携帯にも便利。
私はグレー(雪花)とクリーム色(山梔子)を買いました。
IMGP1852.jpg

撥水加工されているので、袂にゆとりがあっても安心。
IMGP1851.jpg

皆さんも、割烹着をぜひ着物ライフに取り入れてみてください。
着物を着たままのちょこっと家事のときも安心。
ますます着物が身近に感じられると思いますよ。
割烹着、オススメです








初釜

先日、先生のご自宅でお茶の初釜がありました。
先生から「着物は小紋程度の気楽なもので」とお聞きしていたので、
飛び柄の小紋と名古屋帯で出席させていただきました。

ご亭主のお濃い茶、続き薄のお点前の後、
順番にお替え茶碗でお薄のお点前をしました。
最後に皆で記念撮影。
先生他、社中さん方もお顔掲載のお許しを頂きましたが、
私のカメラアングルが悪くて全体が映ってなかったので、
2枚に分けて掲載させていただきます。

中央が先生です。あでやかな訪問着をお召でした。
右お二人は社中さん。華やかなお着物がお正月のお目出度い雰囲気にぴったり。
DSC_0021.jpg

3歳の男の子もお母様とご一緒にお稽古に見えています。
今日は、凛々しい袴姿でお目見えです。
I0MGP1801.jpg

3歳と言えばまだまだ可愛い盛りなのですが、
覚えの早いこと、吸収の良いことといったら目を見張るばかり。
私などは、いつもたじたじです。

普段のお稽古も、着物の方あり、洋服の方ありで、
和やかな雰囲気で和気あいあいとお稽古させていただいています。
先生がお心広く「お稽古は紬でも構いませんよ」とおっしゃってくださるので、
私もお言葉に甘えて、何度か紬を着ていったことがあるのですが、
本来のお茶席では、紬はどんなに高価なものであってもです。
お茶席では「柔らか物」と呼ばれる染めの着物を着ます。

どうして高価な紬がお茶席ではNGなのか・・。
紬は生地質が堅くてしっかりしていますから、
歩くたびに「バサバサ」と着物の裾さばきの音がするんです。
お茶をたてるときの茶筅のシャカシャカという音が耳に心地よい中、
着物の裾のバサバサ音は、やはりお茶席にはそぐいませんね。

また、実際のお点前の点からも、
紬の生地質の堅さが、茶道具に勝ってしまい、
袖がほんの少し茶筅、茶尺に当たってしまっただけで、
茶筅がこけたり、茶尺が落ちたり・・・
紬はしなやかに折れ曲がる素材ではないので、
流れるようなお点前の手の動きに着物がついていけません。

紬の歴史をたどってみても、
もともと紬は日常着や野良着だったので、
たとえ絹であっても、紬は普段着の着物。
改まったお席では着用しません。
紬は、同窓会やショッピング、観劇など、
遊びの場で素朴な味わいをお楽しみくださいね。

初釜、最後のお楽しみは、
あみだくじでプレゼント交換です。
私は先生がご用意してくださっていた、
木目込みのヘビの置物が当たりました
早速、お稽古の部屋に飾らせていただきました。
IMGP1834.jpg

可愛いい来福巳です~~~。
木目込みはずっと欲しいなと思っていたので、
思いがけず嬉しいお年玉を頂くこととなりました。

今年も楽しい初釜の一日となりました。
皆様、ありがとうございました。








宝尽くし紋様

昨日は、お茶の初釜がありました。
先生から、着物は小紋程度の気軽なもので。とのお言葉を頂いていたので、
あまりくだけた感じにならないクリーム地の飛び柄小紋を選びました。
遠目にはほとんど無地に見えますが、松の葉模様が飛び柄になっています。
無題

お目出度いお席なので、帯は宝尽くし文様の金彩名古屋帯にしました。
IMGP1668.jpg

着物ではお目出度い柄を「吉祥紋様」と呼んでいます。
吉祥紋様にも、七宝紋様や、亀甲紋様、松竹梅紋様など色々ありますが、
その中でも「宝尽くし(たからづくし)紋様」は、
その名のとおり、宝物を集めた文様で、
福徳を招く文様として喜ばれ、お祝いの席の着物や帯によく用いられます。

宝尽くし文様に描かれている宝は沢山ありますが、
それぞれにおめでたい謂れがあるということで、
私の帯に散らされている宝について調べてみました。

・隠れ蓑(かくれみの)、隠れ笠 
IMGP1826.jpg  無題 
「保元物語」で「笠や蓑をかぶると姿が見えなくなる」と記されていることから、
 危険な事物から姿を隠し守ってくれるとされています。
 隠れ蓑は女性の文様、隠れ笠は男性の文様です。

・丁子(ちょうじ)
 IMGP1676.jpg
 食品の香料として、貴重な薬・医薬品としても用いられます。

・打出の小槌
 IMGP1673.jpg
 願い事をしながら振ると、その願いが叶うと伝えられています。
七福神の大黒様の持ち物です。

・巻物
 IMGP1675.jpg
 学問・知恵・知識を表します。

・分胴(ふんどう)
 IMGP1824.jpg
 秤で金の重さを量るのに使うおもり。富の象徴。

・七宝・花輪違い
 IMGP1825.jpg
 こちらは「花輪違い」七宝と同じ意味を持ちます。
 七宝は、法華経でいうところのこの世の7つの宝。
 金・銀・瑠璃(るり)・玻璃(はり)・硨磲(しゃこ)・真珠・玫瑰(まいえ)の7つ。
 
・金嚢(きんのう)、宝袋
 IMGP1827.jpg
 財宝を入れる袋・巾着袋

これは何の意味を持つ宝かしら。と思っていたものも、
調べてみれば、なるほど~~~と、スッキリしました。
どうか、宝尽くし文様にあやかれますように・・

ということで、今日は随分長くなってしまいましたので、
初釜の様子などは、また次回にご紹介させていただきます

六瓢息災

タイトルをご覧になって、
「六瓢息災」ってと、思われた方もいらっしゃるかと。

呉服屋さんによると、秋から年末かけてはお正月を意識して
お目出度い柄、縁起の良い文様の着物や帯が人気だそうですが、
今日はお正月にちなんで、お目出度い文様「瓢箪」について。

着物の文様にはそれぞれに謂れがあるのですが、
瓢箪は「健康」を願う文様なんです。
六つの瓢箪で、六瓢=無病。「六瓢息災」ということなんですね。
な~~~んや、ゴロあわせやんなのですが、
瓢箪は着物や帯にはとてもよく使われる縁起の良い文様なんです。

ということで・・昨日は実家のお寺参りに行ってきたのですが、
「健康」を願う気持ちを込めて、瓢箪の帯を結んでみました。

光沢のある無地ぼかしの大島に、引箔の袋帯です。
写真ですとフラッシュの加減で帯ばかりが光って見えますが、
大島紬は「紬」とは言え、独特の光沢がありますから、
礼装用の帯以外なら帯負けせず、
どんな帯でも合わせやすくて重宝しています。
0IMGP1739.jpg

帯留めも瓢箪に。どうでしょか?
IMGP1751.jpg

縁起の良いものを身に着けると、
それだけで、大きな助っ人を得たよう。
いつもより元気になれるような・・・・私って単純でしょか

縁起の良い瓢箪は着物や帯だけでなく、
お茶碗や湯飲みなどにも、
六つの瓢箪の絵付けをよく見かけますよ。
六つの瓢箪、皆様の周りにもあるかもしれれません。
また、こんな瓢箪見つけましたのお話があれば、ぜひお聞かせください







明けましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

元旦は朝からずっと良いお天気の一日でしたね。
みなさんは、もう初詣に行かれましたか?

私は、大みそかから元旦にかけて稲荷大社におけら参りに、
元旦は、近くの氏神さん、宇治神社に初詣に行って参りました。
もちろん、あの、フリース足袋をはいて・・・・。

昨年よりは随分と冷えが緩和されてほんとに楽でしたよ~~。
でも、途中、暖を求めて夜店で甘酒をすすったりして。
草履と足袋では、完璧な足指の防寒はなかなか難しいですねー。
オススメの足指防寒方法があれば、冷え性の私にぜひご教示くださいね。

今日は、母から譲られた疋田縞模様の着物と、
平和で幸多き一年となりますように・・そんな願いを込めて、
幸せを運ぶという花喰い鳥の洒落袋で。
帯は、着物の雰囲気に合わせて、角出しに。
IMGP1710.jpg

角出しは、本科カリキュラムでご指導しています。
縞模様の着物など、粋な雰囲気にピッタリの普段着の帯結びです。
コツさえつかめばとっても簡単。
ぜひ皆さんも帯結びのレパートリー加えて、
肩の力を抜いた着物姿を楽しんでくださいね。

では、皆様にとって、幸多き一年となりますように。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。


谷内着付教室HP
無料体験のお申し込み・お問合せはこちらから
谷内着付教室ホームページ
プロフィール

谷内

Author:谷内
宇治と京都市内で、きの前結びの着付け教室を開いています。
簡単、早い、綺麗の前結びなら、どなたでも楽に着付ができます。タンスに眠っている着物で着物生活を楽しみましょう。
随時 無料体験教室を開いています。お気軽にご参加ください。

最新記事
カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
リンク
カテゴリ
*
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
ブロとも一覧

ワンderful days
月別アーカイブ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
最新トラックバック
ようこそ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。