スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「伝統産業の日」ご案内

ちょっとプライベートでバタバタしてまして、
お久しぶりの更新となりました。
今日は、着物好きにとっては、かなり嬉しいイベントのご紹介です。

京都市では、多くの市民や観光客の方々に
京都の伝統産業に触れ親しんでいただくため、
条例で春分の日を「伝統産業の日」と定めてまして、
毎年この日を中心に和文化にまつわる様々なイベントを開催しているんですよ。
開催期間は2013年3月9日~3月20日まで。

「伝統産業の日」ホームページはこちらから。
http://www.densannohi.com/

このイベント、着物好きにとって嬉しいのが、
着物を着ていると何かとお得なことがいっぱいなんです。
お得な特典満載の、ガイドブックが無料配布されていますよ。

ガイドブック配布場所

【京都市内】
・ 京都市総合観光案内所(京都駅ビル2階)
・ 京都市勧業館「みやこめっせ」・京都伝統産業ふれあい館(左・岡崎成勝寺町)
・ 西陣織会館(上・堀川通今出川南入)
・ 市役所・区役所・支所  ほか
[百貨店]
・ 大丸京都店6階呉服売場(下・四条高倉西入)
・ 髙島屋京都店5階呉服売場(下・四条河原町西入)
・ ジェイアール京都伊勢丹9階呉服売場(下・烏丸通塩小路下る)
[きものでおでかけ・入場無料実施施設]
・ 元離宮二条城,平安神宮神苑  ほか

「着物を着ているとお得な特典」の一例をご紹介しますと、
36施設の文化観光施設に無料で入場できる「きもの無料入場券」や、
「地下鉄・市バス、無料乗車券」がついているんですよ

お稽古に来てくださる生徒さんには、
教室でお渡ししますので、どうぞお楽しみに
もし、ガイドブックを貰いに行く時間がないという方は、
地下鉄・市バス、無料乗車券ならダウンロード・印刷ができますので、
こちらから、ぜひ、ご利用くださいね。
地下鉄・市バス、無料乗車券

もう春の訪れを感じる3月。
着物を着て、ぜひ、京都の町を楽しみましょう

スポンサーサイト

「洗える着物」の洗い方

私は、TPOに応じて、洗える着物も愛用していますが、
「洗える着物って、本当に洗えるんですか?」
と、生徒さんからよくたずねられます。

洗えるからこそ、「洗える着物」と銘打って販売されているわけで・・
もちろん、自宅で洗えますよ

でも、いざ洗おうとすると、ふと、
「やっぱり手洗いすべきなのかな?」とか、
「洗濯機洗でも大丈夫?」など、戸惑ってしまいますね。
手洗いするにしても、洗濯機で洗うにしても、
仕上りがシワシワになってしまっては・・

私は、洗える着物専用の洗濯ネットを愛用しています。
IMGP2055.jpg
着物専用というだけあって、ネットが二重になっていて、
ネットの中で着物がガサガサ動かない工夫がされています。
内側のネットの中に綺麗に折りたたんだ着物を入れて
形が崩れないように、紐で軽く括ったら、
外側のネットのファスナーを閉じ、
さらに半分に折りたたみ、ボタンで留めるだけ。
形が崩れたりすることなく、洗濯機で洗うことが出来てとても便利です。
もちろん、他の衣類とは別にして、
おしゃれ着洗い専用の洗剤で弱流で洗うのがオススメですね。

コツは、まだ少し雫が落ちる程度に、脱水を軽めにすること。
ガシガシに脱水してしまうと、いくらポリとは言え、シワになってしまいます。
着物ハンガーにかけたとき、ポタポタ雫が垂れる位で丁度いいかんじ。
着物から雫が落ちる力で、着物のシワが伸びて綺麗に乾くんですね。
これは「ダラ干し」と言って、実際にそういう干し方が存在するんですね。
直射日光はです。陰干ししてくださいね~~。

洗える長襦袢や、薄物、夏の着物なら、
雫が垂れない程度の軽めの脱水でもシワが気になりません。
乾燥している冬の日なら、部屋干しでも数時間で乾いてしまいますよ。

私はこちらで購入しました。

着物専用洗濯ネットのおかげで、
1回何千円もする丸洗い費用が節約できて、とっても経済的。
安心して洗える着物を洗濯機で丸洗いできます

せっかくの洗える着物なんですから、
ぜひ自宅で洗って、その恩恵を享受しましょう
みなさんも、一度お試しくださいね。








TPOで訪問着の帯選び

先日の日曜日にお稽古に見えたOさん、
いよいよ3月のお子さんの卒業式を目前に、
訪問着の帯合わせのご相談を受けました。

とても豪華な金彩の鳳凰の織柄の袋帯は、
4月の入学式に色無地に合わせられるとのこと。
卒業式にお召しになる訪問着の帯合わせを迷われていたのですが・・・。
この訪問着、ご自身のお嫁入支度の時に作られたもので、とても綺麗なピンク色。
友禅染めの美しい花模様が、可愛いらしいOさんにとてもよくお似合いです。
さてこの華やかな訪問着に合わせる帯なのですが・・・、

道長模様の金彩の袋帯は上品ながらも華やかな感じで素敵。
翡翠色の袋帯は着物の絵柄模様に使われている色でもあり、豪華な雰囲気。
シックな藤色の袋帯は一見地味にも見えましたが、
実際に締めてみると着物が締まって見え、しっとり落ち着いた装いに。
訪問着が上品なの友禅染めですから、
どの袋帯を合わせてもしっくりくるんですね

着物の上に帯を並べて眺めてみるのと、
実際に着物を着て、帯を締めてみるのとでは、
やはり顔映りなどのかげんで全然違った雰囲気に見えるんです。
順番に帯を締めては迷いに迷い・・。
どの組み合わせも、ほんとに良くお似合いなのです。
こんな時はTPOの基本に立ち返って考えてるみるのが良いですね。

T:時間帯は午前中であること。
P:着物を着ていく場所が華やかな「宴」ではなく「学校」であること。
O:卒業式の主役はお子さんであること。

などなどを鑑みて、豪華で華やかな雰囲気で目立ってしまうよりも、
保護者として落ち着いた雰囲気のほうが卒業式の場に相応しいと
しっとりとした藤色の袋帯をされることになりました。

帯に合わせて帯揚げと帯締めも選び終えて、
お子さんの卒業式にふさわしい上品で美しいコーデが完成しました

数ヶ月ぶりのお稽古ということで、
着付けは、細かな部分は忘却の彼方・・もありましたが(笑)
やはりこれまでの積み重ねのおかげですね、
ほんの少しのアドバイスで記憶が蘇り、手の動きもスムーズに。
あとは直前にもう1度お稽古して頂ければ、
自信をもって卒業式にご出席いただけると思います。

次回お稽古はひな祭りでしたね。
仕上げのお稽古で美しい着姿を完成されますように。
楽しみにお待ちしております



足袋の汚れに

前回は、長襦袢の半襟の汚れ対策について、
ちょっとした裏技をご紹介しましたが、
今日は、足袋のお手入れについて・・・。

足袋もお洗濯が大変ですね・・・。
足袋の裏はいわずもがな、
意外と鼻緒の部分も汚れていたりします。

そして、足袋の汚れはとっても頑固。
目の敵のようにゴシゴシしようものなら、
数回で生地が弱って穴があいてしまったり。
綿素材の足袋なら、洗濯機は厳禁です。
形も崩れて、乾いたらワンサイズ小さく・・・なんてことも。

足袋は優しく手洗いしましょう。が理想ですが
でも、優しく扱うと汚れが落ちないし・・。
なかなか、妙策がない中で、
今のところ、私はシリコン製のちっちゃな洗濯板を愛用しています。

フェリシモ ちっちゃな汚れと相性バツグン! ハンディー洗濯板 コスコの会

なんと「第10回フェリシモ生活雑貨大賞 優秀賞」受賞だそうです
洗濯板の上で足袋を洗うというより、
洗濯板のような形をしたタワシで足袋を洗うといった感じでしょうか。

触り心地はとってもソフトですが、
汚れを落とす力はなかなかのもの。
洗剤を付けてゴシゴシするだけ。
もちろん、汚れの度合いに応じて力加減は必要ですが、
それほど力を込めなくても綺麗になってくれますよ

白くて綺麗な足袋をはくと気持ちもシャキッとしますね。
足袋の汚れと戦っている方、一度お試しされてはいかがでしょう






半襟の汚れ防止策

今日は、長襦袢の襟汚れ防止策について・・・。
皆さん、長襦袢の襟の汚れ対策、何かされていますか?
汗をかかない真冬でも、どうしても首に触れる部分は汚れてしまいますよね。。

長襦袢も小まめにお洗濯・・・は心がけたいところですが、
絹素材の長襦袢だと、洗濯機でサブサブ洗えるわけでもなく、
おしゃれ着洗いをするにしても結構気をつかいますよね。
後のアイロンがけもとっても大変ですし・・・・

私は、普段はポエステル素材の洗える長襦袢を愛用していますので、
シンプルに「汚れたら洗う」を何の気兼ねもなく繰り返していますが、
これが絹の長襦袢となるとそうもいきません。

結局、絹ものはクリーニングに出していますが、
毎回毎回だと結構な費用がかかりますし、
襟が汚れた程度なら、自宅で何とか綺麗にしたいですよね。
そこで今日はちょっとした裏技をご紹介します

長襦袢を仕立てた場合、にすでに半襟が縫いつけられていたりしますが、
もう一枚半襟を用意して、スプレータイプの洗濯のりを吹きかけて縫い付けるんです。
襟が汚れたら、あとから縫い付けた半襟だけを外して洗えばOK。
半襟の素材がリエステルならそのまま洗濯機に。
絹の半襟なら、オシャレ着用の洗剤で優しく手洗いすると、
驚くほど簡単に汚れが落ちますよ
洗濯のりの上に汚れが乗っている状態なので、
のりを洗い流すと同時に、汚れもスルッと落ちてくれるというわけです。
常に綺麗な半襟の長襦袢を着ることができて、とっても気持ちが良いですよ。

洗濯のりをスプレーする時は、長襦袢の上からシューッはです。
縫い付ける前の半襟だけにスプレーしてくださいね。
それと、当たり前ですが・・・・
すでに汚れている半襟にスプレーして洗濯しても綺麗になりませんので・・

ちょっとしたことで、お手入れがラクラクに
一度お試しくださいませ。
皆様も、他にこんな方法で汚れ対策しています・・
という裏技があれば、ぜひ、ご紹介くださいね


















帯留と三部紐

先日のお稽古で、帯留についてご質問がありました。

訪問着などの礼装の着物にも、帯留は使えますか?とのご質問でしたが、
礼装用の帯留であればご使用いただけますよ

宝石などが施されていたり、金彩仕様の帯留は訪問着にピッタリです。
もちろん、帯締めの役割を果たす三分紐・四分紐も礼装用を選んでくださいね。
礼装用の袋帯は織りも豪華ですし、刺繍なども施されていたりする分、
分厚くて重いものが多いので、三分紐よりも少し太い四分紐の方が
しっかり締まって、袋帯向きかなという気がします。
私の手持ちも、礼装用はすべて四分紐でした。

金彩四分紐と、パールがあしらわれた金色の帯留
IMGP2043.jpg

母からもらった螺鈿の帯留は出番待ちです
IMGP1995.jpg

もちろん、三分紐でも袋帯に使えますが、
礼装用の袋帯は分厚くて重いので、しっかり引き締めて結ぶのがコツです。
夏用袋帯なら薄くて軽いので三分紐でも安心して使えます。
銀の三分紐と、エメラルド&ダイヤの気分になれる実はガラスの帯留(笑)
IMGP2035.jpg

帯留の中には三分紐を通すのも四苦八苦するほど通し穴が小さなものもありますから、
前もって帯締めを通すことができるか、要チェックです。
この帯留の通し穴は小さくて、四分紐は通りませんでした
IMGP2049.jpg

三分紐やさらに細い二分紐は、袋帯よりも薄くて軽い名古屋帯や夏帯に向いています。
ちなみに、三分紐は四季を問わず使えるのをご存知でしょうか。
夏の着物がほんの数枚・・・であれば、夏用の帯締めをいくつも買わなくても、
三分紐、二部紐で使いまわしOKです。
色や素材は、夏らしい涼しげなものを選ぶといいですね

レース素材の三分紐と貝パールの帯留。涼しそうかな~~
IMGP2023.jpg

ビーズの三分紐は夏だけでなく、パーティなどにも使えますよ
銀ラメの帯留は、以前ブログでもご紹介した手作り帯留です。
帯を仕立てたときの余り布で作れちゃいますよ
IMGP2031.jpg

普段着の小紋や紬には遊び心のあるものを選ぶのも楽しいですね
花模様のガラス玉の帯留が最初から付いていた帯締めは、普段の遊び着にしています。
IMGP2025.jpg

黒とメノウの赤、ゴールドのコントラストが楽しい。
IMGP2027.jpg

帯締めや帯揚げを変えるだけで、着物の雰囲気って変わりますよね~~~。
小物で変化をつける楽しみもまた、着物の魅力ですね

訪問着と二重太鼓の集中レッスン

皆様、こんばんは
今日は節分。暦の上では冬の季節はおしまいということですが・・
昨日の暖かさとは打って変わって、今日は寒い一日でしたね。
皆様は、今日一日、いかがお過ごしでしたか?

今日私は、お茶の先生、そして社中さん方と、
萬福寺塔頭 萬寿院のお茶会に行ってきました。
とても珍しいお釜や、節分にちなんで鬼の蓋置きなどが使われていて、
趣向をこらしたしつらえに感動。
美味しいお菓子とお薄をいただいて、ほっこり気分で大満足のひと時でした。
お茶会の後は引き続き、ご一緒していた社中さんお一人と
自宅で着付のお稽古をさせていただきました。

今日お稽古に見えたのは、3歳の男の子のお母様。
4月の入園式に、ぜひ、訪問着をお召になりたいとのことで、
週に2回ペースでお稽古にお見えになっています。
入学式まであと2か月、訪問着と二重太鼓の集中レッスンです。
小さいお子さんがいらっしゃって、日々お忙しくされているのに、
週二回のお稽古は大変だろうな。とお察しするのですが、
とても熱心で、ほんとに頭が下がります。
やはり、目指すものがあると心意気が変わってくるのでしょうね。
時間は作るもの・・・そんな言葉が頭に浮かびます。

今日でまだ3回目のお稽古だというのに、初心者とは思えないほど綺麗な着姿。
勢いにのって、今日は二重太鼓まで進めてしまいましたが、
とっても綺麗な二重太鼓に仕上がっていました
ご自身もちょっと感動されていたご様子でしたよ。
今日は写真を撮りそびれてしまって残念
まだ、次回、ぜひ写真に収めさせていたたこうと思っています。

Iさん、今日はお疲れ様でした。
この調子で、これからもお稽古がんばってくださいね。
春には綺麗な着物姿で入園式にご出席なさってください。
かる~~くで結構ですから、随所随所を思い返していただくだけでも、
お稽古の復習になりますので、ぜひ、お試しくださいね。
次回のお稽古も楽しみにお待ちしています

谷内着付教室HP
無料体験のお申し込み・お問合せはこちらから
谷内着付教室ホームページ
プロフィール

谷内

Author:谷内
宇治と京都市内で、きの前結びの着付け教室を開いています。
簡単、早い、綺麗の前結びなら、どなたでも楽に着付ができます。タンスに眠っている着物で着物生活を楽しみましょう。
随時 無料体験教室を開いています。お気軽にご参加ください。

最新記事
カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
最新コメント
リンク
カテゴリ
*
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
ブロとも一覧

ワンderful days
月別アーカイブ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
最新トラックバック
ようこそ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。