スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帯締めの収納 その2

皆様、こんばんは。

昨日は帯締めの収納 その1と題しまして、
小引出しの活用をご紹介させていただきましたが、
今日はその2 帯締めの取り扱いについて。

帯締めを使っているうち、房がボサボサになってきたり、
房の長さが揃わなくなってきたりしますよね。

そんな時は、目の粗いクシでとかして、
飛び出た糸をハサミで切り揃えてしまいましょう。

それでも、ボサボサが落ち着かないときは、
やかんにお湯を沸かして、
注ぎ口から出る蒸気にそーっと房を当ててみてください。
目の粗いクシでとかせば、見違えるほど綺麗になりますよ

綺麗になった状態をキープしたまま収納するのに、
私は、帯締め専用の房カバーを使っています。
私はいつもこちらで購入しています。おそらく最安値




帯締め1本につき、使用するカバーは1個。
IMG_2679.jpg

帯締めの房と房を綺麗に揃えて、
先ず帯締め本体にクルッとカバーを巻き付けます。
そのままスーッと房の方にスライドさせればOKです。
IMG_2678.jpg

自分でも房カバーなるものを作ったりしてみましたが、
専用房カバーは付けるのも、外すのもとっても簡単。
メンテ不要で繰り返し使える手軽さが魅力です

帯締めをいざ使おうと思ったら房がボサボサ
せっかく綺麗に着付けても、なんだかテンションが下がってしまいますよね。
収納するときに綺麗にしておけば、そんなこともなくなりますよ。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

谷内着付教室HP
無料体験のお申し込み・お問合せはこちらから
谷内着付教室ホームページ
プロフィール

谷内

Author:谷内
宇治と京都市内で、きの前結びの着付け教室を開いています。
簡単、早い、綺麗の前結びなら、どなたでも楽に着付ができます。タンスに眠っている着物で着物生活を楽しみましょう。
随時 無料体験教室を開いています。お気軽にご参加ください。

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
リンク
カテゴリ
*
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
ブロとも一覧

ワンderful days
月別アーカイブ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
最新トラックバック
ようこそ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。