スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パッチワークサークルキルト展2012

今日は、文化博物館・本館で開催中の、
「有岡由利子パッチワークサークルキルト展2012 」に行ってきました。

実は、実妹「鷲見美智代」の作品が展示されているのです。
妹は私などよりずっと絵も上手で、手先が器用でした。
こういう、手の込んだ作品作りにはすごく向いているのでしょう。

写真撮影は遠慮してほしいとのことで、
ここで作品を公開できないのが残念なのですが、
先日、東京のキルトコンテストで入賞した作品も今回展示されていて、
東京に行きそびれた私も、ナマ入賞作品をジックリ見ることができました

キルトの世界は気の遠くなるような一針、一針から。
丹精込めて作られた作品の数々。思わずため息が出ます。

もしご興味のある方は、明日まで開催されていますので、
足をお運びくださいませ。
五階・催事会場は入場料無料です。

「有岡由利子パッチワークサークルキルト展2012 」≪諸工芸≫ 5階
10月12日(金)~10月14日(日)無料10:00~17:00(最終日は16:00まで)
http://www.bunpaku.or.jp/exhi_gallery.html

文化博物館の別館では、
2012年秋 むす美展 ≪染織≫が開催されていて、
たまたま、キルト展の帰りに通りかかったところ、
着物姿だと、こんな素敵なフロシキが頂けるとかで・・・
SH3E0145.jpg

色合いが気に入ってます。
このふろしき、表と裏と、違う色で染められているんですよ。
着物の反物でも、こういう両面染の反物がありまして、
特に、八掛を付けない単衣の着物にはお勧めです。
着物の裾が翻ったときに裏の染め色がチラリと見えてとても綺麗ですよ。

今日は紋なしの、茶色の万筋の江戸小紋に、風神雷神の名古屋帯で。
IMGP1308.jpg
IMGP1311.jpg

江戸小紋は、紋を入れると準礼装にもなりますが、
紋を入れなければ、小紋と同格です。
万筋はちょっと粋なので、
紋を入れずに、出番を増やすことにしました。

江戸小紋は、種類も色々あって、奥が深い・・
また、それについては、また後日。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

谷内着付教室HP
無料体験のお申し込み・お問合せはこちらから
谷内着付教室ホームページ
プロフィール

谷内

Author:谷内
宇治と京都市内で、きの前結びの着付け教室を開いています。
簡単、早い、綺麗の前結びなら、どなたでも楽に着付ができます。タンスに眠っている着物で着物生活を楽しみましょう。
随時 無料体験教室を開いています。お気軽にご参加ください。

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
リンク
カテゴリ
*
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
ブロとも一覧

ワンderful days
月別アーカイブ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
最新トラックバック
ようこそ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。