着なくなった着物で名古屋帯

今日の着物は、祖母から母、
母から私に譲られた昔の大島です。

IMGP1267.jpg

裄出しをして、少し身丈が短いけれど、そこは着付で何とかカバー。
着物は世代を受け継いで着ることができる、
素晴らしい衣装だなぁ。とつくづく思います。

帯は、叔母から貰った羽織を名古屋帯に仕立ててもらいました。
この羽織、とても可愛い絞り柄だったのですが、丈が短すぎて
いっそ名古屋帯にしてみたら、周りから大評判。

お太鼓柄
IMGP1282.jpg

胴柄
IMGP1283.jpg


羽織や着物をそのまま仕立て屋さんに持ち込むだけで、
上手に柄取りして帯に仕立てて貰えますが、
解きほどきにも費用がかかるので、
そこは節約のため、私はコツコツと自分でほどきましたよ
帯芯+布継ぎ+お仕立て=8,000円位だったでしょうか。
とてもお安く名古屋帯が仕立てあがりました。

どんな布地でも帯にできるそうで、
エルメスのスカーフや、ジーンズまで帯に仕立てることができるとか。
世の中にたった一つしかないオリジナル帯の出来上がりです。

タンスの奥で眠ったままになっている羽織や、
シミが取れなくて、着られなくなった着物なども、
上手く柄取りをすれば帯に変身させることができますよ。
一度、タンスの総点検、されてみてはいかがでしょうか。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

谷内着付教室HP
無料体験のお申し込み・お問合せはこちらから
谷内着付教室ホームページ
プロフィール

谷内

Author:谷内
宇治と京都市内で、きの前結びの着付け教室を開いています。
簡単、早い、綺麗の前結びなら、どなたでも楽に着付ができます。タンスに眠っている着物で着物生活を楽しみましょう。
随時 無料体験教室を開いています。お気軽にご参加ください。

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
リンク
カテゴリ
*
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
ブロとも一覧

ワンderful days
月別アーカイブ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
最新トラックバック
ようこそ