疲れない着付 ②特許取得の帯板

今日は、疲れない着付 その②
きの和装学苑の 「前止め式帯板 若竹」 をご紹介します。

まず、「前結び」というだけで、
もう、重い帯を後ろ手に結ぶことも、
首や体をひねって手直しする必要もなくなるのですから、
それだけで、着付けがウンと楽になります。

そして、前結びの必需品、「前止め式帯板 若竹」を使うことで、
さらに、体に優しい疲れない着付ができます。
こちらの帯板、たかが帯板とあなどることなかれ。
スペシャルベルト同様、特許を取得しているんです。
21589238.jpg
前結びは今や巷で大人気。
あちらこちらから類似品が販売されていますが、
「前結び宗家 きの和装学苑」という名のとおり、
「木野テル子」学苑長こそが
「前結び」をこの世に初めて送り出した第一人者なんですよ。
ですから特許取得の「前止め式帯板 若竹」には、
その辺の類似品には真似のできない機能がいっぱい。

この「前止め式帯板 若竹」最大の特徴は、
帯板が伊達締めの役割も果たすという点です。
もう、伊達締めをグルグル体に巻きつける必要はありません。
しかも、身体の前で止められる構造なので装着も楽々。
uraji.png
裏地には特殊ポリエステル素材を使用しているので蒸れにくく、
汗の吸収、蒸散に優れているので、暑い夏でも快適です。
帯を回す時に帯板が動かないように、
素材自体もすべりにくい面を使っているので帯板のずれも防ぎます。

そして、帯板とセットで使う「きのクリップ」。
ゴムを使用していないので、帯との摩擦がなく帯を痛めません。
さらに、クリップのビミョーな角度のおかげで、
身体と帯の間に適度な隙間ができて、帯の締めすぎを防ぎます。

紐が痛い、伊達締めが苦しい、帯がキツイ・・
そんな疲れる着付けとはさよならしませんか。

公式ホームページでも、楽しい寸劇スタイルで
「前止め式帯板 若竹」の特徴をご紹介しています。

きもの de SHOW店 第1話「前結びってイイネ!」
http://www.youtube.com/watch?v=tCuyWr_eaV8&list=PLC46E91E41D5E9540&index=37&feature=plpp_video

ぜひ、楽しんでご覧くださいね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

谷内着付教室HP
無料体験のお申し込み・お問合せはこちらから
谷内着付教室ホームページ
プロフィール

谷内

Author:谷内
宇治と京都市内で、きの前結びの着付け教室を開いています。
簡単、早い、綺麗の前結びなら、どなたでも楽に着付ができます。タンスに眠っている着物で着物生活を楽しみましょう。
随時 無料体験教室を開いています。お気軽にご参加ください。

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
リンク
カテゴリ
*
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
ブロとも一覧

ワンderful days
月別アーカイブ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
最新トラックバック
ようこそ