「着物1枚帯3本」よりも・・

「着物1枚帯3本」
このような言い回しをどこかで聞かれたことはありませんか。

これは、着物1枚に対して、違う趣の帯が3本あると、
同じ着物でも雰囲気が変わるので、3通りの着こなしが楽しめますよ。
というようなことを意味する言葉なのですが・・・。
これは、確かにその通りで・・・
着物は締める帯で、その表情が色々に変わりますね。

ですが「これから着物をどんどん着てみたい」という方には、
私は、あえて、「着物3枚帯1本」をお薦め致します
これは、着物3枚に帯が1本あれば良いというのではなく、
着物1枚に帯を3本揃える前に、
先ずは着物を3枚揃えられたほうが良いですよ。
と、そういうことをお伝えしたいのです。

私がそのようにお勧めするその訳は、
着物の格によって、着ていける場所が限られるから。。。なんです。
「着物の格」というと難しく聞こえますが、
「礼装」「正装」「ふだん着」と3つに分けて考えると分かりやすいでしょうか。

「礼装」
最も格が高い装いで、結婚式、褒賞式、記念式典など
式典と呼ぶにふさわしい改まった場に来ていく式服のことを言います。
ミスなら「振袖」、ミセスなら「留袖」が第一礼装とされています。    
礼装に準ずる「略礼装」も礼装のカテゴリーと考えてください。
礼装を着るほど仰々しくない場・・学校の卒・入学式や正式なお茶会など、
ミス・ミセス共に、色無地や江戸小紋の背中に1つ紋をつけることで、
略礼装として着ることができることは、以前にもお話しましたね。
      
「正装」
披露宴・パーティー・発表会など「よそ行き」の装いです。
ミスなら振袖や訪問着、ミセスなら訪問着や付け下げなど。
最近は訪問着に紋はつけないのが一般的です。

「ふだん着」
同窓会、お稽古事やショッピング、映画や食事会など、日常の場での装いです。
ミス・ミセス共に、小紋や、紬、紋なしの色無地や江戸小紋などです。

このように分けて考えていくと、
格の違う着物がそれぞれ1枚ずつ、合計3枚あれば、
たいていのシーンで着物を着ることができるでしょう
逆に、小紋1枚にたとえ帯が3本あったとしても・・
着ていける場所は普段着で行ける所に限られてしまいます。
訪問着1枚に帯が3本でも同じこと。
お稽古やショッピングに訪問着は相応しくありません
「礼装」「正装」「ふだん着」と、TPOに合わせた着物があればこそ、
「着物1枚帯3本」の言葉の持つ意味も大いに発揮されるのだと思うんです。

さらに「まずは着物を」とお薦めする理由がもう一つ。
着物は、身丈や裄丈、身幅など、人それぞれにサイズが異なります。
やはり、自分に合ったサイズの着物を持つことが重要になってきます。
着物を頂いても、自分サイズに仕立て直しが必要だったりしますが、
帯は大体一定の規格で作られていますから、
自分サイズにこだわる必要がない分、融通しやすいのです。

先ずは、格の違う着物を1枚ずつでもお持ちになると、
着物を着る機会がグンと増えて、着物を着る楽しみも倍増しますよ。
最近では、第一礼装の振袖や留袖などはレンタルされる方も多くなりました。
使用頻度の低い着物は、いっそ「借りる」という選択もありますね。
その分、出番の多くなりそうな着物や帯を揃えられると良いのではないでしょうか。

では、「着物3枚の帯1本」はというと・・・・。
そうですね・・・次回は着物に合わせる帯についてお話を。
また、お時間のある時に、覗いてみてくださいね。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

谷内着付教室HP
無料体験のお申し込み・お問合せはこちらから
谷内着付教室ホームページ
プロフィール

谷内

Author:谷内
宇治と京都市内で、きの前結びの着付け教室を開いています。
簡単、早い、綺麗の前結びなら、どなたでも楽に着付ができます。タンスに眠っている着物で着物生活を楽しみましょう。
随時 無料体験教室を開いています。お気軽にご参加ください。

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
リンク
カテゴリ
*
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
ブロとも一覧

ワンderful days
月別アーカイブ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
最新トラックバック
ようこそ