スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

袋帯にも格がある

前回、着物1枚に帯を3本揃える前に、
格の違う着物3枚揃えられたほうが、
シーンを選ばず着物を着ることができますよ・・。
そんなお話しをさせていただきました。
今日は、帯のお話です

着付教室で最初に習う帯結びと言えば、一重太鼓でしょうか。
その時に使用する帯が名古屋帯。
お太鼓が一重ですから重さも軽い上に、
最初から胴部分が半分に仕立てられているので結ぶのも楽。
そんな理由から、初心者向けの帯と言えるでしょう。

ですが、1本の帯を色々なシーンで使いまわしたい。のであれば、
迷わず袋帯をお奨めいたします
名古屋帯は、一重太鼓にしか結べませんが、
袋帯は、二重太鼓にも、一重太鼓にも、変わり結びにも結ぶことができます。
袋帯は色々なシーンに合わせて使いまわしができる重宝な帯なんですね。
では、どんな袋帯でも使いまわせるか。というと・・そうではありません。

第一礼装の留袖や、披露宴やパーティで着るような豪華な訪問着には、
金彩・銀彩の豪華な袋帯や、いかにもお目出度い柄の袋帯を合わせます。
一重太鼓に結ぶこともしない、THE礼装・正装どストライクの帯です。

数少ない手持ちの帯で、なんとかご理解いただけるようご紹介するものですから、
そのお粗末なことお恥ずかしい限りですが、そこはどうぞご容赦を。

 見るからに"金"      めでたい松竹梅        年賀状にもありそうな
IMGP1083.jpg  IMGP1080.jpg  IMGP1073.jpg


同様に、いくら袋帯であっても、
染めや紬地、遊び心のある「しゃれ袋帯」は普段着の帯。
いくら二重太鼓に結んでいても、お祝いの席やあらたまった席ではNGです。
 
   紬地の帯        遊び心満載        金彩でも染めは染め
IMGP1149.jpg  IMGP1123.jpg  IMGP1121.jpg

着物に格があるように、やはり帯にも格があるんですね。

ところが、格の違う着物にでも使いまわしの利く
便利な袋帯というのも結構あるんです。
「金彩・銀彩が控えめで豪華すぎない袋帯」とでも言えばよいでしょうか。
次回は格の違う着物との組み合わせを例に挙げながら、
使いまわしの一例をご紹介させていただきますね。

また、お時間のある時にぜひお越しくださいませ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

コーディネートって難しいです

先日、大島紬と野蚕糸の袋帯をあわせてみました。一応お店の人から「紬でもOKですよ」と言われましたし、思い切ってあわせてみたのですが、帯のコーディネートって難しいです。(;´・ω・)

野蚕糸って、小紋くらいまでならあわせても大丈夫なのでしょうか…?





野蚕糸の袋帯

野蚕糸や紬などの袋帯は、「しゃれ袋」と言いまして、
二重太鼓には結びますが、
染めの付下げや訪問着にはNGです。
豪華すぎない小紋や紬などの普段着の着物にピッタリ。
野蚕糸の袋帯、おしゃれでいいですね~~~v-238
谷内着付教室HP
無料体験のお申し込み・お問合せはこちらから
谷内着付教室ホームページ
プロフィール

谷内

Author:谷内
宇治と京都市内で、きの前結びの着付け教室を開いています。
簡単、早い、綺麗の前結びなら、どなたでも楽に着付ができます。タンスに眠っている着物で着物生活を楽しみましょう。
随時 無料体験教室を開いています。お気軽にご参加ください。

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
リンク
カテゴリ
*
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
ブロとも一覧

ワンderful days
月別アーカイブ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
最新トラックバック
ようこそ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。