スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

抜き襟の美しい形

みなさんは、美しい抜き襟にするために苦労されていませんか?

よく、長襦袢の背中に、抜き襟布がついていたりしますが・・
こういう感じの、後衿の中央を真下方向に引っ張るタイプではありませんか?

IMGP1473.jpg

後ろ襟を真下に引っ張ってしまうと、
後ろ衿中央がV字にとんがった形に抜けてしまいます。
いくら、背中心をグイグイ引っ張っても美しい抜き襟の形にはなりません
抜き襟の美しい理想の形は、衿肩開きからカーブを描く形。
つまり、衿肩開きを斜めに引っ張ることが美しい抜き襟を作るコツなんです。

きの和装学苑オリジナルの「長襦袢ゴム」は、上部が山形にカーブしています。
長襦袢ゴム 2枚入り税込315円
17919159.jpg
この山形部分の延長ラインが、衿肩開きに力が加えられるように設計されているんですね。
衿肩開きを引っ張っることで、美しい抜き襟の形になるんです

画像をクリックして拡大してくださいね。

explain.png

縫い付け方も簡単。長襦袢の衿下から、親指と人差し指を広げた位置に縫いつけます。
160cmの方は17cmほど、148cmの方は15cmほどが目安です。
これで、長襦袢ゴムにコーリンベルトを通すと、衣紋がキレイに抜けますよ

point02.png
1.待ち針を3か所に刺しておきます。
2.ゴム上部横の穴部分を通すように縫いはじめます。
3.図の番号通りに1~16番まで糸を縫いつけていき、最後に糸の始末をしたら完了です。

教室では、さらに長襦袢に優しい縫い付け方をご指導しています。
長襦袢の着付けは、単位制レッスンでも受講できます。
お気軽にお問合せくださいね。

私は、この長襦袢ゴムを手持ちの長襦袢に全部縫い付けて、
どの長襦袢を着ても、美しい抜き襟になるようにしています。
今お使いの長襦袢ゴムは、上部がまっすく直線のタイプではありませんか
美しい抜き襟は、長襦袢ゴムの山形カーブがポイント。
きの和装学苑オリジナルの長襦袢ゴムをぜひお試しください


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

谷内着付教室HP
無料体験のお申し込み・お問合せはこちらから
谷内着付教室ホームページ
プロフィール

谷内

Author:谷内
宇治と京都市内で、きの前結びの着付け教室を開いています。
簡単、早い、綺麗の前結びなら、どなたでも楽に着付ができます。タンスに眠っている着物で着物生活を楽しみましょう。
随時 無料体験教室を開いています。お気軽にご参加ください。

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
リンク
カテゴリ
*
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
ブロとも一覧

ワンderful days
月別アーカイブ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
最新トラックバック
ようこそ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。