スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紋について

先日、お稽古の中で「紋」についての質問がありましたので、
今日は「紋」ついてのあれこれです。

まず・・・
紋の数が多ければ多いほど、着物の格は高くなります。

ミセスの第一礼装の黒留袖や喪服には、
紋を染め抜きの日向紋で5つ入れます。
どこに紋が入るか、ご存じですか?

背紋(せもん)・・・背中心に1つ。
抱紋(だきもん)・・両胸に1つずつ。
袖紋(そでもん)・・両袖の外側に1つずつ。

色留袖にも黒留袖と同じように比翼仕立てをし、
染め抜き日向5つ紋をいれると正礼装となりますが、
比翼仕立てをしない色留袖の場合は準礼装となり、
5つ紋はつけずに3つ紋を入れます。

黒留袖や色留袖は、一般的に三親等以内の親族が着る着物とされているので、
友人の結婚式などに、たとえ3つ紋でも色留袖を着て行ってしまうと、
親族の方と同格になってしまいます。
これはやはりNGでしょう。
1つ紋の比翼のない色留めなら、訪問着代わりにもなりますが、
そのような色留を誂える必要性って感じませんよね・・。
お客様として披露宴などに出席する場合は、
紋付の色無地か訪問着がおすすめです。

ではどんな時が色留袖の真骨頂となるのでしょう・・・
例えば、本来は黒留袖を着る立場にある方が未婚だったり、
結婚されていても、20代・30代の若奥様だったりする場合などは、
これぞ色留袖の出番と言えます

1つ紋付きの色無地や鮫小紋は、
入学・卒業式、お茶会などでも重宝します。
着物自体に派手さはなくとも、上品で格の高い装いに。
紋を入れるだけで、略礼装としての役割を果たしてくれます。

では、女性の着物にはどのような紋を入れるのか・・ですが、
これは、地域によって習わしが違うようです。
ただ、関西の場合は女性は母方の紋を代々受け継ぐのが一般的です。

紋には男紋と女紋があるのをご存じでしょうか。
男紋というのは、通常「家紋」と呼ばれるもの。
関西では、この男紋を女性の着物に入れることはしません。
嫁入り支度として着物を準備する場合は実家の女紋を付けるのが一般的です。
あるいは、女性なら誰でも付けることができる、
五三桐(ごさんのきり)を入れるのが通例です。

五三桐(ごさんのきり)は定紋とも言われ、
貸衣装などは、すべて五三桐ですね。
個人的には、誂えた着物に、わざわざ貸衣装と同じ紋を入れなくても・・
と思うのですが、貸し借りの点では五三桐はやはり重宝ですね。

結婚してからであれば、婚家のお姑さんの女紋を付けることもありますが、
お姑さんの女紋が不明だったり、
五三桐(ごさんのきり)を入れられている場合、
実家の女紋を入れることが多いようです。
これは、もちろん婚家との兼ね合いもありますが、
私は、ずっと実家の女紋を受け継いで入れています。

着物に紋が1つ入っているだけで、
ドヤ顔で、出るとこに出られるのが紋のスゴイところ。
でも、紋を正しく有効活用するためには、
「使用上の注意」もしっかり押さえておくことが大切ですね。










スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

役者紋

先生こんにちは(*´∀`*)

前に嵐寛寿郎(アラカン)さんのインタビュー本を読んだのですが、その中でファンクラブの会長姉妹(大店の娘さん達)が、高級な着物にアラカンの役者紋を入れて、ファンの集いに参加されていたという内容がありました。読んだ時粋だなあ、と思いました。

役者紋

ほんと、粋ですね~~v-154
「洒落紋」は普段着の着物につけることが多いのですが、
高級な着物に「役者紋」とは、贅沢の極み。
役者さんも、こんなファンの方たちが集ってくださるなんて、
役者冥利につきますねv-254
谷内着付教室HP
無料体験のお申し込み・お問合せはこちらから
谷内着付教室ホームページ
プロフィール

谷内

Author:谷内
宇治と京都市内で、きの前結びの着付け教室を開いています。
簡単、早い、綺麗の前結びなら、どなたでも楽に着付ができます。タンスに眠っている着物で着物生活を楽しみましょう。
随時 無料体験教室を開いています。お気軽にご参加ください。

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
リンク
カテゴリ
*
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
ブロとも一覧

ワンderful days
月別アーカイブ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
最新トラックバック
ようこそ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。