帯揚げの結び方 2種

今日は帯揚げの結び方についてです

一般的に一番よく結ばれているのが「本結び」
IMGP1522.jpg
着付け教室に行けば、必ず教えてもらえる結び方です。
でも、着付け教室によって結ぶ時の手の動きは様々。
私も、色々な着付け教室で帯揚げの結び方を習いました。
結局は、仕上がりの形は同じになるので、
その人が一番綺麗に結ぶことが出来る方法であれば
結び方はどんな方法でも良いと思うんです。
こだわりたいのは、仕上がりの美しさですから。

きの和装学苑では「チョキ・チョキ」で結ぶ方法をご指導しています。
木野テル子学苑長が、二重太鼓の結び方をyoutubeで公開していますが、
その時に、この「チョキ・チョキ」方式で帯揚げを結んでいます
あまりにも手さばき鮮やかで・・仕上がりも美しい
ぜひ動画をご覧ください。
http://www.youtube.com/user/soukekinowasou

最初は、目がテンになるかもしれません。
でも、枕に帯揚げをかける段階から、
最後の処理に至るまで、理にかなっていると言うのでしょうか。
いくつもの着付け教室を経験してきた私も目からウロコでした。
実際、慣れてしまえばとても綺麗に結べるんですよ。

この本結びの他によく目にするのが、
「いりく」結びではないでしょうか。
帯の中央で左右の帯揚げが重なるだけの結び方で、
振袖の絞りの帯揚げなどでよく見られますよね。
もちろん振袖以外の着物でも「いりく」結びはOKです。。

わかり易くお見せするために、多めに出しています。
IMGP1516.jpg

本結びよりも手軽なので、本結びが苦手な方は、
覚えておかれると便利かも知れません。

ただ、実際に「結ぶ」ということをしないので、
例えば、「結納」や「結婚式」など、
人のご縁を結ぶようなお目出度い席では、
縁起を担いで、しっかりと本結びにしてくださいね
万が一、帯揚げがほどけて、形がくずれたりするといけませんから。

帯揚げの美しい仕上がりには、
チョットしたコツがあります。
教室では、そんなコツもしっかりご指導しています。
帯揚げの仕上りが綺麗だと、着付けそのものも美しく見えますから、
しっかり練習して、綺麗な帯揚げ結びをマスターしてくださいね。








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

谷内着付教室HP
無料体験のお申し込み・お問合せはこちらから
谷内着付教室ホームページ
プロフィール

谷内

Author:谷内
宇治と京都市内で、きの前結びの着付け教室を開いています。
簡単、早い、綺麗の前結びなら、どなたでも楽に着付ができます。タンスに眠っている着物で着物生活を楽しみましょう。
随時 無料体験教室を開いています。お気軽にご参加ください。

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
リンク
カテゴリ
*
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
ブロとも一覧

ワンderful days
月別アーカイブ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
最新トラックバック
ようこそ