スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月の着物

暑さ寒さも彼岸までと言いますが、
お彼岸を過ぎてから、京都もすっかり秋らしくなってきました。

今日は9月の着物についてお話しを。
生徒さんからも、9月って単衣ですよね?
でも帯はどうしたらいいんですか?
そんな質問をよく受けます。

作法の厳しい茶道界の着物ルールを、そのまま日常生活に当てはめることは、
今の時代にはそぐわないとは思いますが、
同じルール破りでも、分かってやるのと、知らずにやってしまう・・
のは大きく違うと思うんです・・・。
私は、日常生活では、わかってやるならOK派。
そこでまずは、基本ルールを押さえておきましょう。

9月は確かに、単衣の季節ではあるのですが、
厳密には9月9日の重陽の節句までは、夏の着物に夏の帯。
もちろん、襦袢も、帯締め、帯揚げなどの小物類も夏物で揃えます。
実際、ほんとに暑いですし・・・。

そして、9/10から、着物だけ単衣に変えます。
でも、襦袢や帯、帯締め・帯揚げもまだ夏物で揃えるのが基本ルール。
まだまだ残暑厳しい折ですから。
あくまで、涼しげに・・ということですね。

そしてお彼岸になってようやく夏物を仕舞にかかります。
お彼岸辺りから、ほんとに秋らしくなって来るもので、
着物も少しずつ、秋の雰囲気に仕立てていくのが粋でしょうか。
ただ、9月いっぱい、着物は単衣ですから、いきなり、重厚な帯を合わせるよりも、
八寸や塩瀬など軽めの名古屋帯の方が、単衣の着物とのバランスが良いですね。
この時期の礼装は悩むところですが、重厚な袋帯より格調高い単衣の綴れ帯などがオススメです。

とはいえ、私は礼装用の綴れ帯は持っていないんです・・・。
私などにはとても手が届きません。
これは、わかってはいるけどできない贅沢・・・厳しい現実ですね









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

谷内着付教室HP
無料体験のお申し込み・お問合せはこちらから
谷内着付教室ホームページ
プロフィール

谷内

Author:谷内
宇治と京都市内で、きの前結びの着付け教室を開いています。
簡単、早い、綺麗の前結びなら、どなたでも楽に着付ができます。タンスに眠っている着物で着物生活を楽しみましょう。
随時 無料体験教室を開いています。お気軽にご参加ください。

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
リンク
カテゴリ
*
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
ブロとも一覧

ワンderful days
月別アーカイブ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
最新トラックバック
ようこそ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。