訪問着と付下げの違い

先日、生徒さんから、
「訪問着」と「付下げ」の違いについて質問がありました。

訪問着も付下げも、袋帯で二重太鼓を結べば、
礼装用の着物として、結婚式や披露宴、
また、柄によっては改まったお茶席や、
入・卒業式などで活躍する重宝な着物です。

どちらも、似たようなシチュエーションで着るのですが、
どのような違いがあるのでしょうか・・。
まず、見た目の違いから。

訪問着は、柄付けが絵羽模様になっています。
絵羽模様というのは、着物を広げた時に、
裾模様がずーっと繋がっていて、
一枚の絵のように描かれているのが特徴です。

付下げは、着た時に模様がすべて上を向くように描れていて、
訪問着よりもシンプルであっさりとした柄付けとなります。
裾模様は繋がっていないものが一般的です。

ですが最近では、絵羽模様でありながらシンプルな柄の訪問着や、
逆にとても豪華な裾模様の付下げなどもあり、
パッと見ただけでは、それが訪問着なのか付下げなのか
なかなか判断がつきにくいことがあります。
そんな時の見分ける一つの手がかりになるのが「八掛」です

訪問着は、もともと「仮絵羽仕立て」といって、
着物の形に仮仕立てした状態で販売されています。
訪問着を購入するときには、実際に羽織ってみて、
どんな裾模様なのか、胸や肩にどんな柄が施されているのか、
着装した状態を目で確認して買うことができるのです。
この仮絵羽仕立てになっていれば、それは間違いなく訪問着です。
そしてたいてい、表生地と同じ生地の「共八掛」が付いています。

一方、付下げは反物の状態で販売されています。
どのような裾模様になるのかは、反物の柄を見て判断します。
もちろん、共八掛はついていません。
八掛は別途購入することになるので、
色目や素材は、表生地とは違うものになります。

「訪問着」と「付下げ」は、こんな風に
販売の状態、制作過程がまったく違うんですね。
訪問着は反物から仮絵羽仕立てにする分、
付下げより工程が増えますので、
やはり手間暇かかる分、高価になるのもうなづけますね




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

谷内着付教室HP
無料体験のお申し込み・お問合せはこちらから
谷内着付教室ホームページ
プロフィール

谷内

Author:谷内
宇治と京都市内で、きの前結びの着付け教室を開いています。
簡単、早い、綺麗の前結びなら、どなたでも楽に着付ができます。タンスに眠っている着物で着物生活を楽しみましょう。
随時 無料体験教室を開いています。お気軽にご参加ください。

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
リンク
カテゴリ
*
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
ブロとも一覧

ワンderful days
月別アーカイブ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
最新トラックバック
ようこそ