スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

稽古とは・・・

「稽古とは 一より習ひ 十を知り 十よりかへる もとのその一」

余りにも有名な千利休の言葉。
けだし、名言ですねぇ。深い

稽古は、一から始まって十まで到達したとしても、
それで簡単に身につくものではない。
再び初めの一に戻り、また改めてニ、三、四と進むことで、
更に理解が深まり、道を極めることができる。
かの利休はそのように説いているのですが・・・。

確かに・・何事も初めて習う時は、
その手順を覚えるだけで精一杯。
でも、十から戻って再び一を習うことで、
その手順がなぜ必要なのか納得ができたり、
心のどこかでひっかかっていたことが、
すっと霧が晴れるように解消されたり。

例えば着付けのお稽古でも同じ。
火曜日の夜にお稽古に見えているKさん、
土曜日の午後からお稽古に見えているSさん、
実は、お二人ともかなりの着物通でらっしゃいます。
かつて後ろ姿結びの着付教室にも通われていて、
すでにご自身で着物もお召になるのですが、
着姿にこだわって、もっと楽に美しく着物を着たいと、
当教室のお稽古に見えています。

茶道ほどではありませんが、
着付けにも数々の手順や、細かな手の動きがあります。
美しく着るための意味が、そこにはちゃんとあるんですね。

もちろん、そんな手順にこだわらなくても、
それなりに着物を着ることはできます。
でも結果、着付けもそれなりなものになってしまいます・・・

お稽古では、ただ着付の手順を覚えていただくのではなく、
なぜそうするのか、その理由もご説明させていただいています。
頭で納得できると、手順を体得するスピードが断然違うんです

Kさん、Sさんは、すでに十をご存知ですが、
「十よりかへる もとのその一」の気持ちで、
さらに美しい着姿を目指してくださいね。
と同時に私も、「十よりかへる もとのその一」の気持ちで、
ご指導させていただく所存でおりますです。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

谷内着付教室HP
無料体験のお申し込み・お問合せはこちらから
谷内着付教室ホームページ
プロフィール

谷内

Author:谷内
宇治と京都市内で、きの前結びの着付け教室を開いています。
簡単、早い、綺麗の前結びなら、どなたでも楽に着付ができます。タンスに眠っている着物で着物生活を楽しみましょう。
随時 無料体験教室を開いています。お気軽にご参加ください。

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
リンク
カテゴリ
*
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
ブロとも一覧

ワンderful days
月別アーカイブ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
最新トラックバック
ようこそ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。