羽織のマナー

一昨日から少し暖かい日が続きましたが、
明日から、真冬の寒さが訪れるそうです
着物も本格的な寒さ対策が必要になってきますね。

外出時はコートや道行などの防寒着の他にも、
ショールや襟巻、手袋などは必需品になってきます。
着物は抜き襟をするので、首が結構寒いので、
ついついショールや襟巻を衿に掛けてしまいがち。
ですが、首をすっぽり覆ってしまっては、
着姿としてはあまり美しくありませんね・・
写真などに写るときは、ちょっとやせ我慢して、
襟下から肩にかけるようにしてくださいね。

「羽織は室内で着ても良いんですよね?」とよく質問を受けますが、
寒い季節は、室内でもちょっと羽織たくなりますね。
確かに、羽織は室内で着用OKとされてはいますが、
時と場合によっては、羽織もNGとなりますのでご注意を

コートや道行などの外套着は玄関先で脱ぐのがマナーですよね。
同様に羽織も訪問先では脱ぐことをおすすめします。
もし、訪問先のホストの方が
「お寒いのでどうぞ羽織をお召になってください。」と
勧めてくださるのであれば、
「着ても良い」という扱いになる類のもの。

たとえ紋付の本羽織でも
女性の羽織はあくまでも略式の羽織物になりますので、
礼装の着物やお茶席では羽織は着用しません。
紋付の羽織は、小紋の着物の上に着ることで、
小紋の着物の格を略礼装に上げるにとどまります。
紋のない羽織であれば、カーディガンのようなもの。
特に最近は、丈の長い長羽織が流行していますし、
コートと同様に扱ったほうが無難ですね。

羽織を脱いだら、ハンガーなどに掛けずに、
袖畳みにして風呂敷などに包んでおきましょう。
お洒落や防寒で着る羽織は格の高い扱いにはならないので、
マナー違反にならないように、
扱いには気を付けてくださいね~~
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

谷内着付教室HP
無料体験のお申し込み・お問合せはこちらから
谷内着付教室ホームページ
プロフィール

谷内

Author:谷内
宇治と京都市内で、きの前結びの着付け教室を開いています。
簡単、早い、綺麗の前結びなら、どなたでも楽に着付ができます。タンスに眠っている着物で着物生活を楽しみましょう。
随時 無料体験教室を開いています。お気軽にご参加ください。

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
リンク
カテゴリ
*
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
ブロとも一覧

ワンderful days
月別アーカイブ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
最新トラックバック
ようこそ