除夜釜

12月も余すところ今日1日となりました。
皆様も大掃除、おせちの準備など、
新しい年を迎える準備に忙しくお過ごしでしょう。

昨夜、私はお茶のお稽古でご一緒している友人と、
和カフェ「らん布袋」で開催された除夜釜に行ってまいりました。
「らん布袋」は、かの有名な裏千家教授、カナダ出身、京都在住の
「ランディー チャネル 宗榮」さんのお店です。

お待合ではまずお蕎麦、そしてお菓子が振る舞われました。
お菓子はランディさんの祖国カナダのメイプルシロップと、
日本の黄粉とのコラボレーションで、その名も「楓」
洋と和の調和を舌で楽しませていただきました。

年越しのお蕎麦
IMGP1687.jpg

メイプル&黄粉の融合
IMGP1688.jpg

この後、二階の立礼席で除夜釜が始まります。
ナチュラルスピードの英語&流ちょうな日本語の二か国語で
鮮やかなお点前を披露してくださいました。
ビデオはNG、でも写真はOKとのことで、
ブログ掲載OKのお許しも頂きました。

除夜釜は蝋燭の光の中で行われます。荘厳な雰囲気です。
IMGP1689.jpg

部屋の明かりを灯して拝見です。
IMGP1694.jpg

平なつめは、ランディさんを模してのお誂え。
笑う布袋さんの金彩絵付けが見事です。
完成までに5年の歳月を費やされたそうです。
今日が初めてのお披露目とのこと。
IMGP1693.jpg

美味しいお薄をいただき、楽しいお話しに笑いがあふれた、
とても貴重な時間となりました。

お土産に来年の干支、巳の置物と蛇の目のおちょこを頂きました。
早速、お稽古の部屋に飾りました。
IMGP1702.jpg

IMGP1701.jpg

今年も素適な最後のお茶会になりました。
着物は・・・キモノブログなのにすみません
本当は着ていくつもりだったのですが・・ひどい雨で。
ジーンズOKの気の張らない立礼席でしたので、
こんな時まで無理に着物を着なくても。と、あっさり着物は諦めました。
着物でなければならない状況なら仕方ありませんが、
着物に過酷な環境では無理して着ないことも着物のTPO。
着物を気楽に楽しむためのコツですね

また、次回着物のあれこれを綴りますので
お時間あれば覗いてみてくださいね。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

谷内着付教室HP
無料体験のお申し込み・お問合せはこちらから
谷内着付教室ホームページ
プロフィール

谷内

Author:谷内
宇治と京都市内で、きの前結びの着付け教室を開いています。
簡単、早い、綺麗の前結びなら、どなたでも楽に着付ができます。タンスに眠っている着物で着物生活を楽しみましょう。
随時 無料体験教室を開いています。お気軽にご参加ください。

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
リンク
カテゴリ
*
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
ブロとも一覧

ワンderful days
月別アーカイブ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
最新トラックバック
ようこそ