スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帯締めの裏表の見分け方

生徒さんから帯締めの裏表についてよく尋ねられます。

「帯締の表と裏がよくわからないんです。」
「この帯締め、裏表どちらでも使えそうなんですが・・・?」

そこで、今日は、帯締めの表と裏の見分け方について、お話してみたいと思います。
裏表がはっきり見分けのつく帯締めなら問題ないのですが、
たとえば、下の帯締め、AとB、どっちが表でどっちが裏か、
んー、帯締めの柄を見る限り、どちらでも使えそうな気がしますね。

A
IMGP1220.jpg

B
IMGP1221.jpg

でも、ちゃんと、表と裏は存在するのです。
下の全体像から、表と裏は判断できますよ。

IMGP1218.jpg

さて・・何処で見分けるか、ズームしてみましょう。

A:房の根元が、プツクリふくらんでいますね。これが表です。
IMGP1224.jpg

B:房の根元が、へこんでいますね。これが裏です。
IMGP1222.jpg

そうなんです。帯締めの房の根元で裏表を見分けるんです。
ふくらんでいるのが、表。へこんでいるのが裏です。
どんな帯締めにも、このふくらみとへこみがあります。

こちらは、夏の帯締めです。
シルバーとゴールドの2色使い。
表と裏、見分けにくいですね。
ゴールドのほうがゴージャスで表っぽいですが・・
IMGP1225.jpg

IMGP1227.jpg

房の根元をチェック!
IMGP1229.jpg
シルバーのほうは房の根本が膨らんでいますね。ですから、こちらが表なんです。

ゴールドのほうは、房の根元がへこんでいるので、裏ですね。
IMGP1232.jpg

いかがでしょうか。房の根元を見れば、簡単に表と裏の見分けがつきます。

ちなみに・・房はこんな風に専用の房カバーをつけておくと、
引き出しの中でボサボサにならなくて、いつも綺麗に使えますよ。
手間はかかりますが、ラップや紙で巻いてもOKです。
IMGP1234.jpg

それでもボサボサになってしまった房は、
お湯を沸かした薬缶の口からでる蒸気に、そっと房を当てて、
しっとりさせてから目の粗いクシでとかすと、
見違えるほどに綺麗になります。お試しくださいね。
















スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

素晴らしい~

こんにちは、早速の帯締めの表と裏の見分け方についての、説明
有り難うございます。写真までついて。。。完璧で~~す。わかりやすい説明で。。拍手です。 次回、楽しみにお待ち致しております。

ありがとうございます

v-238加藤さん、コメントありがとうございます。
分かりやすいと言っていただいて、嬉しいです。
ブログを始めて、文章にして人に伝える難しさを日々感じています。
写真に助けられてます。v-22
これからも、着付けの参考にしていただけるブログを
綴っていきますので、応援してくださいねv-254
谷内着付教室HP
無料体験のお申し込み・お問合せはこちらから
谷内着付教室ホームページ
プロフィール

谷内

Author:谷内
宇治と京都市内で、きの前結びの着付け教室を開いています。
簡単、早い、綺麗の前結びなら、どなたでも楽に着付ができます。タンスに眠っている着物で着物生活を楽しみましょう。
随時 無料体験教室を開いています。お気軽にご参加ください。

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
リンク
カテゴリ
*
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
ブロとも一覧

ワンderful days
月別アーカイブ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
最新トラックバック
ようこそ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。