お太鼓の形

今日はお太鼓の形についてお話してみたいと思います。

皆さんはお太鼓の形を意識されたことはありますか
お太鼓の形は、使用する帯枕によって
その仕上がりの形が全然違うんですよ。

こんなシェル型の帯枕、巷でもよく見かけますよね。
裏側にしっかり芯が入っていて、叩くとコンコンと音がするような。
IMGP1865.jpg

あるいは、中心がこんもり盛り上がったような楕円形タイプも一般的でしょうか。
私も昔使っていましたし、着付に伺ったりすると
このような帯枕をお使いの方がほとんどです。
この帯枕を使って結んだ二重太鼓がこちらです。
IMGP1855.jpg IMGP1858.jpg

精一杯、綺麗に結んだつもりなのですが・・・・。
うーん、私としては、あまり好きではない形のお太鼓です

以前もこのブログでご紹介していますが、
きの和装学苑で使用しているDX帯枕はちょっとユニークです。
疲れない着付 ①帯枕を見直そう

先ほどのシェル型帯枕と並べてみると、横幅が長いのが特徴です。
お太鼓のてっぺんをしっかりキープしてくれますので、安定感が断然違います。
IMGP1866.jpg

きの和装学苑のDX帯枕は単独では使いません。
こんな風に、スペシャルベルトと組み合わせて使用します。
DX帯枕とスペシャルベルトの重なりの角度を変えることで、
好みのお太鼓の形を作ることができます。
IMGP1868.jpg

このDX帯枕とスペシャルベルトで結んだ二重太鼓がこちらです。
結び方はさきほどと全く同じです。
IMGP1862.jpg IMGP1876.jpg


もちろん人の好みはそれぞれですが・・・いかがでしょうか。
お太鼓が中高になり立体的感が出ると、若々しくてカッコイイ印象に
一方、ペタンと平たいお太鼓は老けた感じに見えませんか?

美しい着姿は、帯枕一つでも、大きく変えることができますよ。
なんだか、お太鼓の形がイマイチ決まらなくて・・・
そんな方は、一度ご自身の帯枕を見直してみてはいかがでしょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

谷内着付教室HP
無料体験のお申し込み・お問合せはこちらから
谷内着付教室ホームページ
プロフィール

谷内

Author:谷内
宇治と京都市内で、きの前結びの着付け教室を開いています。
簡単、早い、綺麗の前結びなら、どなたでも楽に着付ができます。タンスに眠っている着物で着物生活を楽しみましょう。
随時 無料体験教室を開いています。お気軽にご参加ください。

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
リンク
カテゴリ
*
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
ブロとも一覧

ワンderful days
月別アーカイブ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
最新トラックバック
ようこそ