スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帯の絵付け いろいろ

皆さん、こんばんは。

前回は、九寸名古屋帯と八寸名古屋についてお話しましたが・・。
ホント、ややこしいったら・・ですよね。

今日は、ややこしくありません
帯の絵付けについて・・です。

名古屋帯でも、袋帯でも、美しい絵柄が描かれていますが、
その絵柄が全体にあるものや、部分的なものなどがあり、
それぞれに呼び名がついているんです。

絵付けの方法は大きく次の3つ。

1.全通(ぜんつう
 総柄・通し柄とも呼ばれ、最初から最後まで帯全体に柄があるものをいいます。
 全通ですと、振袖などの変り結びをするときには、
 無地の部分が出てしまう心配がないので、色々なアレンジがききます。
 もちろん、普通に二重太鼓も結べます。

2.六通(ろくつう)
 帯全体の六割に柄があるという意味から六通と呼ばれています。
 1周目に巻く帯は、2週目に巻く帯の下に隠れてしまって、
 せっかく柄があっても見えないので、1週目の部分は無地になっています。
 一般的に、同じ柄なら価格も全通の六割程度といわれていますから、
 作る側は経費削減、買う方にとってもリーズナブルな袋帯です。
 大半の袋帯は、この六通になっています。
 
3.太鼓柄(たいこがら)
 飛び柄、またポイント柄とも呼ばれています。
 背中のお太鼓の部分と、胴前に柄があります。
 全体の三割ほど柄付があるところから、三通とも呼ばれています。
 上手く柄出しをしないといけませんから、少しテクニックが必要です。

この、お太鼓柄、名古屋帯ではよく見かけますよね。
IMGP1916.jpg

胴柄の柄合わせにはちょっとしたコツがあります。
前結びの場合、右クリップから膝辺りに
帯の胴柄が来るように合わせると、
ちょうどお腹の真ん中あたりに柄が出ます。
細身の方なら、右膝の少し上、
体格の良い方なら、右膝の少し下あたりになります。
IMGP1892.jpg

一巻すると・・・背中の真ん中あたりに柄が来ます。
IMGP1896.jpg

結び上がった時に、胴柄がお腹の真正面に来てしまうと、
ちょっとチャンピオンベルトっぽくなってしまうので、
気持ちすこーし、体の左寄りに胴柄が来るのが粋なんですが、
そのためには、右クリップから胴柄までの距離を
5㎝程度長く取って合わせて、一巻してみてください。
背中の真ん中からやや右寄りに柄が来ればOKです。

5センチ長く取って結んでみました。
すこーし体の左寄りに柄がくるのが粋ですね。
無題0

その方の体系や着ている着物の厚みによっても、
柄の出方が微妙に変わってくるので、
右ひざあたりの微調整で、バッチリのところを見つけてくださいね。

なかなか柄出しが難しいお太鼓柄ですが、
名古屋帯では定番中の定番柄ですので、
ぜひ柄出しのコツをつかんで、
カッコ良く結んでくださいね


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

谷内着付教室HP
無料体験のお申し込み・お問合せはこちらから
谷内着付教室ホームページ
プロフィール

谷内

Author:谷内
宇治と京都市内で、きの前結びの着付け教室を開いています。
簡単、早い、綺麗の前結びなら、どなたでも楽に着付ができます。タンスに眠っている着物で着物生活を楽しみましょう。
随時 無料体験教室を開いています。お気軽にご参加ください。

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
リンク
カテゴリ
*
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
ブロとも一覧

ワンderful days
月別アーカイブ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
最新トラックバック
ようこそ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。