スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春らしい袋帯で

今日は伏見区からお稽古にお見えのKさんの
きんちゃく結びをご紹介します。

以前にもご紹介しました東レシルックの袋帯、
まるで正絹かと見紛うような豪華な帯なのに、
汚れたら洗えるという、超便利な帯なのですが、
4m50と長さのある袋帯でシルック製のものは
なかなか市場には出回っていないのですね。
きの和装学苑では、練習用の袋帯を持っていない方のために、
大変リーズナブルなお値段で販売しています。
柄によってもお値段の差がありますが、
3万円~3万5千円までの良心価格です。

Kさんも、以前から東レシルック袋帯の大ファンで、
過去のブログでご紹介しましたが、
「春の季節を迎えて、帯も春らしいものが欲しくなりました。」
と、新しい東レシルック袋帯を購入されました。

桜袋3 桜袋1

黒地に金彩の波模様。
その波間に浮かぶね紫、ピンク、薄緑、オレンジなど、
色とりどりの桜の花が大人可愛い雰囲気です。
豪華だけど春らしい優しい印象の袋帯です。

ちなみに、桜の花は日本の国花ですので、
季節を問わず結ぶことができますよ。
ただし、枝付きの写実的な桜の絵柄は、
3月~花の散る前までにお召しになるのが良いでしょう。
桜袋

今回はお気に入りのきんちゃく結びで。
ライトの加減もありますが、実際に締めてみると、
豪華なのに派手すぎず、落ち着いた印象に。
着物は練習用の小紋をお召しになっていますが、
この帯なら本当に正絹と見分けがつかないので、
訪問着や付下げ、色無地に合わせて、
パーティーやお茶会などの準礼装の場にも合いますね。

Kさんも「手持ちの着物のコーディネイトの幅が広がりました。」
と、喜んでらっしゃいました。
Kさん、撮影のご協力ありがとうございました。
これからは、この帯でどんどんお出かけしてくださいね。
次回は「半幅帯で結ぶ角出し」のお稽古ですね。
楽しみにお待ちしています。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

谷内着付教室HP
無料体験のお申し込み・お問合せはこちらから
谷内着付教室ホームページ
プロフィール

谷内

Author:谷内
宇治と京都市内で、きの前結びの着付け教室を開いています。
簡単、早い、綺麗の前結びなら、どなたでも楽に着付ができます。タンスに眠っている着物で着物生活を楽しみましょう。
随時 無料体験教室を開いています。お気軽にご参加ください。

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
リンク
カテゴリ
*
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
ブロとも一覧

ワンderful days
月別アーカイブ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
最新トラックバック
ようこそ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。