お茶会に行ってきました

昨日の子供の日は、萬福寺塔頭 萬寿院の月釜のお茶会、
そして、青蓮院のお茶会に行ってきました。

ご一緒させていただいたのは、お茶のお稽古の社中さんでもあり、
当教室の生徒さんでもあるIさんです。
Iさんは、入学式の訪問着&二重太鼓の美しい装いで、
先日も当ブログにご登場いただきました。
この日のⅠさんは、ピンクの付下げに季節先取りのアジサイの名古屋帯。
もちろん、ご自身の着付けですよ。
「一人で着られるって、すごく楽しいです。
着付にかかる時間もだんだん短くなってきました」と、
着物姿もすっかり板につかれて、
着物を着るのか楽しくて仕方がないご様子

昨日は、子供の日にちなんで、
萬寿院のお茶室の床の間には、なんとも可愛い兜の香合。
そして花器には紫のカキツバタ。
鴬のさえずりが聞こえる中、
あやめの花を模した薄紫のお菓子。
あー、非日常の幸せとはこういうことを言うのでしょう。

萬寿院を後にして向かった先は、青蓮院。
青蓮院のお庭にあるお茶室、好文亭では、
毎年春と秋の特別拝観期間、お茶室が一般公開されます。
5日は裏千家のお点前でお茶を頂くことができるというので、
気持ちの良いお天気に意気揚々、お茶会の梯子とあいなりました

門前で記念撮影。
門前

お茶室の前で。Ⅰさん、着物コーデもバッチリです。
帯の胴柄もやや左寄りを意識されていて素晴らしい。
05063.jpg 05062.jpg

お庭のつつじも満開。
050603.jpg 050602.jpg

木村英輝氏による斬新な本堂の襖絵。
京都のあちこち、色々な建築物の壁画なども手掛けられて、
最近はレビでもよく紹介されていますね。
121.png 050604.jpg

この日、私は黒紫色に白の七宝柄の小紋に、葵の柄の染め名古屋で。
そう、10日後にはもう葵祭ですねー。
やまぶき色の帯揚げに、萌木色の帯締めで明るさを足してみました。
染め帯は単衣の季節、6月中旬まで締められるので重宝ですよ。
着物

着物は小物の組み合わせでガラリと雰囲気が変わりますねー。
Iさんも、草履やバックにまで気を配って、
小物の組み合わせを楽しまれていましたよ。
Ⅰさん、昨日は楽しい一日になりました。ありがとうございました。
これからも、自信をもって着物でお出かけしてくださいね




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

谷内着付教室HP
無料体験のお申し込み・お問合せはこちらから
谷内着付教室ホームページ
プロフィール

谷内

Author:谷内
宇治と京都市内で、きの前結びの着付け教室を開いています。
簡単、早い、綺麗の前結びなら、どなたでも楽に着付ができます。タンスに眠っている着物で着物生活を楽しみましょう。
随時 無料体験教室を開いています。お気軽にご参加ください。

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
リンク
カテゴリ
*
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
ブロとも一覧

ワンderful days
月別アーカイブ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
最新トラックバック
ようこそ