帯締めの収納 その2

皆様、こんばんは。

昨日は帯締めの収納 その1と題しまして、
小引出しの活用をご紹介させていただきましたが、
今日はその2 帯締めの取り扱いについて。

帯締めを使っているうち、房がボサボサになってきたり、
房の長さが揃わなくなってきたりしますよね。

そんな時は、目の粗いクシでとかして、
飛び出た糸をハサミで切り揃えてしまいましょう。

それでも、ボサボサが落ち着かないときは、
やかんにお湯を沸かして、
注ぎ口から出る蒸気にそーっと房を当ててみてください。
目の粗いクシでとかせば、見違えるほど綺麗になりますよ

綺麗になった状態をキープしたまま収納するのに、
私は、帯締め専用の房カバーを使っています。
私はいつもこちらで購入しています。おそらく最安値




帯締め1本につき、使用するカバーは1個。
IMG_2679.jpg

帯締めの房と房を綺麗に揃えて、
先ず帯締め本体にクルッとカバーを巻き付けます。
そのままスーッと房の方にスライドさせればOKです。
IMG_2678.jpg

自分でも房カバーなるものを作ったりしてみましたが、
専用房カバーは付けるのも、外すのもとっても簡単。
メンテ不要で繰り返し使える手軽さが魅力です

帯締めをいざ使おうと思ったら房がボサボサ
せっかく綺麗に着付けても、なんだかテンションが下がってしまいますよね。
収納するときに綺麗にしておけば、そんなこともなくなりますよ。



帯締めの収納 その1

皆様、こんにちは。

今日はお盆の最終日。
いかがお過ごしでしょうか。

今日は帯締め収納 その1です
生徒さんから、帯締めの収納についてもよく尋ねられるのですが、
皆さんはどんな風に収納されていますか?

私も着物に興味を持ち始めた20代の頃は、
お気に入りの箱に一つまとめにして収納していたのですが、
一つ買い、一つ買い・・しているうちに、
だんだんと収拾がつかなくなってきて・・・
あれこれ試行錯誤を重ねて、
今は種類ごと、季節ごとに小引出しに収納しています。

IMG_2676.jpg

これだとサッと引出しを開ければいいだけ。
ひと目で帯締めの色味、種類がわかるので、
帯締め選びの時間が格段に短くなりました。
IMG_2682.jpg

もちろん、桐で作られたものに収納するのが理想ですが、
お値段もびっくりするくらい高くて、私にはとても手が届きません

・・・・というわけで、私はニトリで購入。


「着物は小物の管理も難しい。すぐに、ぐちゃぐちゃ
とよくお聞きするのですが、
パッと見えるから、すぐに選べる。
パッと取り出せるから、仕舞うのも簡単。

いつも綺麗。もう、ぐちゃぐちゃになりません。
帯締め収納のストレスから解放されますよ。

よろしかったら、是非お試しくださいませ




単衣のチラリズム

皆様、こんにちは。

今年の夏は(夏も?)どこかに遠出することもなく、
どっぷり冷房のきいた自室に籠りきり。
普段さぼってばかりのブログの更新も、ここぞとばかり・・

着物は季節先取りと言われますが、
実際には、9月9日の重陽の節句までは絽の着物でOKです。
でも、暑くても暑くても、厳密には9月10日から着物は単衣。
とはいえ、まだまだ暑くて汗もかくので、遊びで着るなら洗える単衣着物で十分。
でも、もし、ちゃんとした絹物の1枚をお作りになるのなら、
両面染めでお作りになるのがおススメです。

単衣の着物には八掛を付けませんから、
反物の裏側がそのまま、八掛のようにチラチラ見え隠れするのですが、
両面染めだと、まるで八掛を付けているかのように綺麗です。

こちらは私の洗えるポリの着物。
裏側は、そのまま表の柄が裏映りしています。
遊びで着るなら、これで十分なのですが・・・。
IMG_2675_20160814165439674.jpg

こちらは、両面染め。
表と裏がそれぞれ違う色に染められています。
八掛を思わせるような配色。
IMG_2674.jpg

生徒さんの両面染めの着物。
「裏も撮らせて~~~」とお願いしました。
表は江戸小紋、裏は無地。
まさに、両面染めの真骨頂。両面染めの成せる技。
IMG_0535.jpg

まだまだ暑さの残る9月の単衣。
裏地の美しさに目がいきます。
裾から覗くチラリズム、楽しんでみませんか。





夏の終わりの浴衣

毎日暑い日が続いておりますが、
皆様お変わりございませんか。

お盆休みに、久方ぶりの更新となりました。
日ごろのご無沙汰をお許しくださいませ(^_^;)

この夏、着物や浴衣を楽しまれていますか。
よく「浴衣はいつまで着ていいんですか?」と質問を受けるのですが・・。

最近、海外からの観光客の方々も、
着物や浴衣姿で観光を楽しまれていて、
6月頃から、そうですね・・・
暑い日は10月に入ってからでも、浴衣姿を見かけるようになりました。
なので、本来の着用期間がますますわかりづらくなってきているんですね。

もちろん、海外からの観光客の方々の目的は、
「着物や浴衣を着て、京都観光の思い出の1頁を飾りたい」わけで、
着物のルールを学びたいのではありませんから、それはそれで、全然OK!!
ですが、本来の浴衣着用期間は「お盆まで」なんですよね~~~

とはいえ、8月後半にも各地でお祭りや花火大会もありますので、
そんな時は、普通に浴衣で全然大丈夫。
でも、これも、やっぱりTPOなんですよね。

浴衣は文字通り、お風呂の後、涼みがてら着るもの。
ですから、時間帯も夕方以降に着るのが習わしです。
朝から出かける時や、創作和食でランチなんていうときは、
浴衣の下に絽の半衿がついた長襦袢を着て、
夏足袋を履き、浴衣を夏の着物風に着てみましょう

こちらの長襦袢は、身頃部分が綿楊柳素材なので、
浴衣の下はこれ一枚でOK。
スリツプも兼ねたうそつき長襦袢です。
私も愛用しています。



帯はもちん浴衣帯や半幅帯でもOKですし、
夏名古屋帯に夏の帯揚げ、帯締めを締めれば、
さらに着物らしく装うことができます。

せっかくのお気に入りの浴衣、お祭りや花火だけではもったいない。
TPOに合わせて、浴衣を着物風に着こなしてみてはいかがでしょうか。
夏の終わりにも、まだまだ浴衣を楽しむことができますよ

高等講師認定式

3月20日、当教室の生徒さんが、
高等講師に認定されました

Kさんは、昨年の10月に1級講師に認定されたのですが、
その後、順調に高等講師科に進まれて、
この度の認定となりました。

まだうら若き乙女なのですが、
忙しい毎日の中、ほぼ毎週欠かさずお子稽古に見えて、
努力を積み重ねてこられました。
継続は力なりですね。
本当におめでとうございます

高等講師認定に当たっては、
その前日に研修会に参加して、
学苑長直々に指導をうけ、認定課題をその場で披露します。
日ごろのお稽古の成果が見える一日です。

研修会の昼食がたまたま学苑長と同じテーブルに
「課題がちゃんとできるか不安です~~~」と生徒さん。
「大丈夫。午前中にしっかり見せてもらいましたよ。
手先結びも垂れ先結びもちゃんとできてました。大丈夫よ」と学苑長の太鼓判。ホッ。

この日の高等講師課題は花太鼓。
小さな手のひらで沢山のヒダをとるのに一苦労ではあるのですが、
豪華で華やか。綺麗ですよね~~~~。

IMG_2431.jpg

翌日の認定式にはもちろん、振袖で。
大好きな「華蝶」を結ばれて、念願がかなったと。
本当に記念に残る一日になりましたね。
IMG_2438.jpg

理事長、宗家に学苑長と記念撮影。
私も育成者として交えていただきました。
気持ちが引き締まります。
IMG_2455.jpg

私、育成者というより、保護者の気分です
IMG_2442_201603280313567a5.jpg

独身のお嬢さんには是非、前結びを習っていただきたい。
自分で振袖が着られるなんてスゴイと思いませんか。
IMG_2458.jpg
IMG_2457.jpg

Kさんは、今後、師範コースに進まれることになりました。
来秋には、さらに腕に磨きをかけて、
さて、どんな帯結びをご披露していただけるのでしょうか。
ほんと楽しみです。応援していますよ~~。
これからも身体に気を付けて頑張ってね。
谷内着付教室HP
無料体験のお申し込み・お問合せはこちらから
谷内着付教室ホームページ
プロフィール

谷内

Author:谷内
宇治と京都市内で、きの前結びの着付け教室を開いています。
簡単、早い、綺麗の前結びなら、どなたでも楽に着付ができます。タンスに眠っている着物で着物生活を楽しみましょう。
随時 無料体験教室を開いています。お気軽にご参加ください。

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
リンク
カテゴリ
*
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
ブロとも一覧

ワンderful days
月別アーカイブ
QRコード
QR
RSSリンクの表示
最新トラックバック
ようこそ